47食の旅地図 >> カテゴリ:宮崎

宮崎旅行⑨ 港の駅 めいつ 日南一本釣りカツオ炙り重~サンメッセ日南・鵜戸神宮


日南フェニックスロードを南へ走り、

P1040276_convert_20170606163403.jpg
日南海岸の丘陵地にある、「サンメッセ日南」にやって来ました。

目的は、当然、モアイ像。

P1040307_convert_20170606165155.jpg
恋人の丘にある、2体のモアイ像。

P1040303_convert_20170606164841.jpg
カラフルな「ヴォワイアン像

フランス語で、「見る人」との事。

P1040316_convert_20170606165604.jpg
太陽の丘 蝶の地上絵。

P1040296_convert_20170606170139.jpg
サンメッセ日南のシンボル、7体のモアイ像

日本で唯一のイースター島公認の、モアイ像だそうです。

大海原をバックにした丘に立つ高さ5.5mのモアイ像は、大迫力。

高台からの眺望も良く、絶景です。

左から、仕事・健康・恋愛・全体・結婚・金運・学力UPのジンクスが
あるらしいので、一応全部さわっておきました(笑)

DSC_1052_convert_20170606170408.jpg
気分はイースター島!?


続いて、「鵜戸神宮」へ。

サンメッセ日南からは、すぐの距離です。

入口近くの駐車場まで車で行こうとしたけど、工事中で通行止め。

仕方がないので、遠くの駐車場に停めて、参道を歩きます。

参道には「野生の猿に注意」の看板が!

マジで?

猿、大嫌いやし。

P1040220_convert_20170607155446.jpg
10分くらい歩いて、鵜戸神宮神門に着きました。

ここまで来たら、猿は出てこなさそう?

P1040228_convert_20170607155512.jpg
楼門

DSC_1049_convert_20170607154931.jpg
玉橋付近からの眺め。

切り立った断崖に立つ神社で、鳥居の左奥に洞窟が広がり、本殿があります。

神社としては珍しい「下り宮」です。

大御神社もそうでしたが、海沿いの神社は景色も良くていいなぁ。

来て良かった。

DSC_1050_convert_20170607154945.jpg
洞窟の中にある、本殿

薄暗くて、神秘的。

P1040249_convert_20170607155845.jpg
本殿の裏には「お乳岩」があるらしいのですが・・・

P1040242_convert_20170607155918.jpg
どれ?

よくわからなかった(笑)

P1040258_convert_20170607155643.jpg
霊石亀石

P1040267_convert_20170607155149.jpg
運試しの「運玉(5個100円)」に挑戦。

亀石のくぼみめがけて運玉を投げ、入れば願いが叶うと言われています。

ちなみに、男性は左手、女性は右手で投げるとの事。

どうせ入らないだろうと思いながら投げましたが、なんと4投目が見事に入りました。

動画を撮っておけばよかったかな?

運よく入ったので、願い事しておきました。

良い事あるかな?

P1040328_convert_20170606171321.jpg
更に南へ車を走らせて、昼食は「港の駅 めいつ」の漁協直営店で鰹三昧。

カツオ、大好物なのですごく楽しみ。

P1040332_convert_20170606171342.jpg
「日南一本釣りカツオ炙り重」これを食べに来ました。

日南市で水揚げされた新鮮な一本釣りカツオを使った、ご当地グルメで、
おもなルールは、

  2種類の漬けカツオを提供。
  宮崎県産の米を使用して、炙ったカツオをのせて味わう。
  日南産の魚介類を使った汁物を付ける。
  希望者にはスープをかけお茶漬けスタイルで締めることも出来る。

2017-05-05-00-55-29_convert_20170607152425.jpg
日南一本釣りカツオ炙り重(1.300円)

副菜もカツオのフライやカツオフレークなどがあり、
カツオ好きにはたまらない組み合わせ。

マンゴープリンも付いています(笑)

2017-05-05-00-55-12_convert_20170607152404.jpg
塩ダレと醬油ダレのカツオ。

「そのまま、刺身でも食べられる新鮮なカツオです」との説明があったので、
漬けカツオを、そのまま食べてみました。

カツオが新鮮なのもあると思いますが、漬けダレが美味しい。

特に醬油ダレが、めちゃうまー。

2017-05-05-00-54-29_convert_20170607152343.jpg
次は七輪で軽く炙ってみます。

う~ん、食欲をそそる良い匂い。

2017-05-05-00-54-10_convert_20170607152321.jpg
ご飯とともに食べると、これもめちゃうまー。

ちなみに、お茶漬けにも出来ますが、炙りが美味しかったので
そのまま最後まで食べちゃいました。

締めは「冷や汁」が食べたい(笑)


鰹と言えば、定番はタタキですが、漬けカツオの炙りも美味しかった。

「日南一本釣りカツオ炙り重」、日南市では10店舗で提供しているみたいなので、
食べ比べしてみたいですね。

P1040337_convert_20170607152624.jpg
隣接する物産館で、「かつお飯チップス」を購入。

試食して美味しかったから買ったんだけど、335円とか旅行中じゃなかったら
絶対買わないような金額だわ(笑)

旅行中は金銭感覚が麻痺します(笑)

宮崎旅行⑧ 元祖レタス巻き 寿司処 一平~青島・堀切峠・道の駅フェニックス


ホテルに戻る前に、「レタス巻き」の持ち帰り予約電話をします。

P1040053_convert_20170605223309.jpg
レタス巻きの元祖と言われる「寿司処 一平」さんにやってきました。

P1040054_convert_20170605223326.jpg
たった一人前だけの購入なのに、電話でも店内でも丁寧な応対をしてくれて、
う~ん、とっても良い店だ。

DSC_1021_convert_20170605223250.jpg
翌日の朝食用です。
 
2017-05-04-18-38-08_convert_20170605223155.jpg
元祖レタス巻き(1080円)

今では定番となった、レタスと海老にマヨネーズの海苔巻きですが、
40年以上前の当時は、寿司にマヨネーズは斬新な組み合わせだったみたいです。

持ち帰ってから、10時間くらい過ぎていたので、レタスのシャキシャキ感は
ありませんでしたが、普通に美味しかったです。

作りたてなら、もっと美味しいと思うし、チョウザメ料理も気になるので、
次はお店で食べてみたいですね。

ご飯が硬くなるのが嫌で、冷蔵庫に入れなかったため、マヨネーズで
お腹を壊さないか少し心配でしたが、大丈夫でした(笑)


旅3日目は、日南海岸をドライブしながら、あちらこちら観光する予定。

早めの出発で、青島に7時頃到着。

青島付近の無料駐車場は、8時頃からしか開放していないみたいなので、
少し歩きますが、ANAホリデーインリゾート南側にある公園の無料駐車場に停めます。

P1040149_convert_20170605230456.jpg
青島まで15分くらい海岸沿いを歩きますが、
早朝の清々しい海風を感じながら歩くのも気持ちいいものです。

DSC_1030_convert_20170605230350.jpg
「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩に周囲を囲まれた小さな島です。

P1040147_convert_20170605230954.jpg
奥に見えるのが青島です。

P1040086_convert_20170605230433.jpg
案内板の写真をパシャリ。

空からの写真で見ると、自然の力って凄いなって改めて思います。

P1040068_convert_20170605230413.jpg
幸せの黄色い郵便ポスト。

P1040074_convert_20170605231244.jpg
弥生橋を渡って青島へ。

P1040082_convert_20170605231426.jpg
鬼の洗濯板と鳥居が見えてきました。

DSC_1037_convert_20170605232858.jpg
鬼の洗濯板(波状岩)

P1040133_convert_20170605232926.jpg
規則的に岩が並んでいるのが、とても不思議で、人工で造ったかのように見えます。

自然の造形美って本当に凄いですね。

P1040098_convert_20170605231731.jpg
鳥居をくぐって、青島神社へ。

P1040131_convert_20170605232108.jpg
神社正面の狛犬。

P1040103_convert_20170605232647.jpg
巨人ファンは、やっぱり青島神社に参拝しないとね?

P1040105_convert_20170605232704.jpg
鮮やかな朱色の社殿。

P1040109_convert_20170606071806.jpg
元宮へ続く道には、絵馬がアーチ状に掛けられています。

P1040121_convert_20170605232627.jpg
本殿の右奥にある「元宮」は亜熱帯植物に囲まれています。



P1040155_convert_20170606011608.jpg
南へ車を走らせて、堀切峠へ。

DSC_1041_convert_20170606011414.jpg
遊歩道も整備されていて、時間があればゆっくり散歩したいところですが・・・
この日は観光を詰め込み過ぎたので、ササっと通過。

P1040178_convert_20170606012020.jpg
堀切峠のすぐ近くにある道の駅フェニックスにも寄り道。

建物自体は、少々年季が入っていて昭和チック。

P1040180_convert_20170606012447.jpg
鬼の洗濯板と海の絶景が広がります。

海沿いの遊歩道を降りると、干潮の時には鬼の洗濯岩の上を歩けるそうです。

時間の都合で、降りていませんが・・・

P1040191_convert_20170606011755.jpg
道の駅の展望ウッドデッキから、日南海岸を一望。

DSC_1048_convert_20170606011429.jpg
フェニックス並木が続く、日南フェニックスロード

南国気分満点のドライブルートは、走っていて本当に気持ちが良いですね。

宮崎旅行⑦ フルーツ大野ANNEX(アネックス) マンゴーパフェ&マンゴーカクテル


チキン南蛮と地鶏炭火焼の宮崎二大鶏料理は満喫したけど、
フルーツのマンゴーも外せない。

果物店にフルーツパーラーを併設している「フルーツ大野」さんで「マンゴーパフェ」を
食べようと考えていましたが、HPを見ると2号店が去年の11月にオープンしているみたいです。

2号店ではパフェだけでなく、フルーツカクテルなどのお酒も楽しめるみたいなので、
パフェ&カクテルを楽しもうと、そちらのお店へ向かいます。

P1040039_convert_20170530035958.jpg
「フルーツ大野ANNEX」さん。

P1040041_convert_20170530040509.jpg
シックで、お洒落なカフェバーって感じの店内です。

平日の早い時間帯なので、お客さんはまだ居ないみたいです。

人混みが嫌いな私には、ラッキーなことです。

P1040050_convert_20170530040232.jpg
カウンター席の前には、新鮮そうなフルーツが並んでいます。

P1040043_convert_20170530040950.jpg
パフェメニューもたくさんありますが、注文するものは事前に決めています。

2017-05-04-18-42-04_convert_20170530040909.jpg
有料の、お通しかと思いましたが、無料サービスの自家製セミドライフルーツ

2017-05-04-18-41-26_convert_20170530040849.jpg
ドリンクは「日向夏カクテル」(1300円)

外皮と果肉の間の白い内果皮に、ほんのり甘みがあり食べることができるそうです。

値段は安くありませんが、果汁数パーセントのカクテルじゃなくて、
日向夏2~3個使用している、果物屋さんのフルーツカクテルです。

美味しいに決まっています。

日向夏の、甘みと酸味のバランスも最高。

低アルコールなので、ジュース感覚で飲むことができますね。

P1040046_convert_20170530041013.jpg
「マンゴーパフェ」(1800円)

今まで本物の美味しいマンゴーを食べたことがなかったからかも知れませんが、
マンゴー美味すぎ。

マンゴーってこんなに美味しい食べ物だったんだ。

これは、マンゴーにハマりそうだな。

まぁ、ハマっても、旅行中じゃなければ、高すぎて買えませんが(笑)


店長と思われる方には、地元の人間じゃないのがバレているみたいで、
「どちらからお越しですか?」と声を掛けていただき、
楽しく会話もさせてもらいました。

2017-05-04-18-39-32_convert_20170530040719.jpg
「きんかん たまたま エクセレント」と言うメニューが気になったので
聞いてみたところ、なんと無料サービスで出してくれました。

皮ごと丸かじりで食べられるそうです。

私の生まれた、串本町の大島地区も「きんかん」がわりと有名で、
子供の頃に食べた事があるのですが、不味かった記憶しかありません(笑)

しかし、この「きんかん たまたま エクセレント」は、めっちゃ甘~い。

キンカンのイメージが変わりましたよ。

2017-05-04-18-39-56_convert_20170530040748.jpg
「マンゴーのカクテル」(1600円)

マンゴーパフェが、あまりにも美味しかったので、調子に乗ってカクテルも頼んじゃいました。

日向夏のカクテルが、ジュースみたいに飲みやすかったので、
今度はアルコールを強めにしてもらいましたが、これは失敗だったかな。

アルコールが強すぎると、フルーツの味が、ぼやけてしまうので、
低アルコールで飲む方が、高級フルーツの素材の味を楽しめると思います。

会計的には安くはありませんが、普段あまり食べないフルーツを味わうことが出来たし、
店の方にも親切にしていただき、楽しい時間を過ごせました。

季節によって出されるフルーツも違うし、また行きたいお店ですね。



この後、翌日の朝食を買いに行ってからホテルに戻りました。

P1040011_convert_20170530041323.jpg
この日の宿は、天然温泉 日向の湯 ドーミーイン宮崎

4月18日にオープンしたばかりで、ドーミー好きとしては泊まるしかないでしょう。

DSC_1028_convert_20170530040411.jpg
宿泊したのは4月24日なので、開業して1週間足らず。

館内はとても綺麗で、自動精算機も設置されていました。

P1040019_convert_20170530041339.jpg
当然、部屋も新築マンションのように綺麗です。

DSC_1006_convert_20170530040439.jpg
天然温泉 日向の湯(翌朝撮影)

露天風呂もある大浴場で汗を流した後は・・・「湯上り処SoLa」へ。

2017-05-04-18-38-47_convert_20170530040655.jpg
「湯上り処SoLa」では、18~21時の間、生ビール・焼酎の無料サービスがありました。

風呂上がりの一杯は格別の味です。

グラスの底からビールが沸き上がるトルネードサーバーで注がれたビール。

革新的なビールサーバーで注がれる様子の動画を撮ればよかった。

と、思ったら、公式HPにあった。
  ↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=nuf86VhPVf4

DSC_1027_convert_20170530040341.jpg
さすがにお腹いっぱいで、もう一つの無料サービス、夜鳴きそば諦めます。

宮崎旅行⑥ 地鶏専門店 粋仙 地鶏炭火焼 


昼食後は、延岡ICから東九州道を宮崎方面へ。

P1030986_convert_20170523031815.jpg
川南PAで休憩。

簡易的な売店と休憩所の小さなパーキングエリアでした。

宮崎県内の東九州道はSAが無いんですね(@_@。


宮崎西ICで高速を降り、チーズ饅頭専門店の「菓子処わらべ」さんに行くも、
まさかの臨時休業(´;ω;`)ウッ…

P1040023_convert_20170523032201.jpg
チーズ饅頭が食べたかったので「お菓子の日高」さんへ。

P1040031_convert_20170523032420.jpg
こちらのお店は、「なんじゃこら大福」が人気№1みたいですが、

P1040027_convert_20170523032556.jpg
買ったのは、チーズ饅頭。

試食があったので食べてみると、なかなか美味しい。

抹茶味とチョコ味のチーズ饅頭もありました。

お茶とお菓子のサービスもあり、店員さんも親切で、感じの良い店でした。

P1040007_convert_20170523032020.jpg
次は、東国原知事時代に有名になった宮崎県庁を見学。

重厚な外観で、フェニックスが南国らしさを感じさせますね。

P1030988_convert_20170523031835.jpg
県庁に隣接する「みやざき物産館KONNE」へ、宮崎土産を。

買い物してスタンプを押してもらったら、県庁の駐車場料金がタダになるみたいです。

宮崎土産の、ほぼ全てが揃ってるんじゃないかと思うほど、
様々な商品が販売されていました。

P1030994_convert_20170523032928.jpg
宮崎県と言えば、やはり焼酎。

お世話になっている方に買って帰ろうと思いますが、
自分が焼酎を吞まないので、どれを選べば良いのか分からない。

しかも、種類多いし。

P1030996_convert_20170523034741.jpg
昔ながらの「青島せんべい」

薄焼きせんべいにクリームががサンドされていて、昭和を感じさせる
懐かしい味ですが、今となっては普通の味かな。


ホテルにチェックインした後、徒歩で宮崎駅方面へ。

宮崎県でチキン南蛮と同じくらい有名な鶏料理と言えば、地鶏炭火焼ですよね。

P1040035_convert_20170523033302.jpg
「地鶏専門店 粋仙」さんで、地鶏の炭火焼を楽しもうと思います。

宮崎駅近くの高架下にある店で、外観もプレハブみたい。

知らないで訪れるとびっくりしそうですが、店内は綺麗で
予約しないと入れないことも多い人気店だそうです。

と言う事で、事前に予約しておきました。

平日の17時からなので無事予約完了。

2時間までとの事ですが、2時間あれば十分です。

ネットの口コミによると、予約限定でレバーの刺身が食べられるらしいので、
予約時に聞いてみましたが、月曜日は仕入れの関係で提供できないとの回答。

ちょっと残念ですが、仕方ありません。

2017-05-04-18-47-57_convert_20170523034413.jpg
地ビール(太陽のラガー)とお通し。

焼酎メニューもたくさんありますが、やっぱりビール。

2017-05-04-18-47-08_convert_20170523034350.jpg
心臓刺身

2017-05-04-18-46-42_convert_20170523034332.jpg
動脈の串焼き

心臓の刺身を注文すると、おまけ?で付いてきます。

2017-05-04-18-46-07_convert_20170523034303.jpg
もも炭火焼き(ハーフ)

2017-05-04-18-45-02_convert_20170523034237.jpg
もも炭火焼き(ハーフ)

赤鶏(かため)とみやざき地頭鶏(やわらかめ)の炭火焼をハーフで注文したけど、
どっちがどっちの写真か分からなくなってしまった(・・?

見た目は真っ黒、シンプルな味付けですが、炭の香ばしい風味もあって(゚д゚)ウマー。

私的には、歯ごたえがあって噛めば噛むほど味が出てくる、赤鶏(かため)が好みかな。

2017-05-04-18-43-54_convert_20170523034216.jpg
宮崎日向夏ラガー

地ビール全種類飲んでみたい。

のちに、自分土産に3本購入しました。

2017-05-04-18-43-32_convert_20170523034150.jpg
らんかん塩焼き

こういう珍しいと言うか聞いた事のない食べ物があると、注文したくなります。

たまに失敗する時もありますが、これは正解。

2017-05-04-18-42-57_convert_20170523034125.jpg
冷や汁

宮崎の郷土料理の一つで、食べたかった一品。

〆にピッタリで、おかわりしたいくらい美味しかった。

味噌味の出し汁が最高で、私的には、お茶漬けより断然冷や汁ですね。


サクッと1時間、ほろ酔い気分で店を出ます。

噂通り、味だけじゃなく接客も良いお店でした。

時刻はまだ、18時過ぎ。

さぁ、二件目行きますか!

宮崎旅行⑤ チキン南蛮 おぐら~高千穂峡(真名井の滝)


早めの夕食を終え、時刻は18時。

18時から、神都高千穂神あかりと言うイベントで「真名井の滝」がライトアップされるみたい。
(現在は終了しています)

「真名井の滝」の一番近くにある、御塩井駐車場も18時以降は無料になるので行ってみます。

P1030793_convert_20170517034707.jpg
あまりにも有名な「真名井の滝」

高千穂峡と言えば、この写真ですよね。

ポスターなどでよく見る、この景色を生で観たかった。

DSC_0967_convert_20170517034534.jpg
18時を過ぎでも明るいので、ライトアップもまだ微妙な感じです。

この日は、朝から動き回ったので少々疲れました。

少し暗くなるまで、車の中で休憩しているうちに、ウトウトと・・・

起きたら、20時30分。

辺りは真っ暗。

やっちまったな~。

高千穂神楽がもう始まっている。

21時終了なので、諦めることに。

DSC_0976_convert_20170515002811.jpg
とりあえず、御橋からスマホで写真を撮ってみると・・・

暗くて、滝かどうかもわからない?

夏のライトアップの方が煌びやかなのかな?

ライトアップされているのも滝付近だけだし、三脚持って行く元気もなかったので、
今日の観光はおしまい。

DSC_0978_convert_20170515002828.jpg
近くにある高千穂温泉で汗を流します。

P1030809_convert_20170515003002.jpg
初日は「道の駅 高千穂」で車中泊(写真は翌朝撮影)

日曜日の夜なのに、車中泊してるっぽい車が多くて、
ひとりバーベキューしている人もいました。

秋冬には、雲海で有名な国見ケ丘に行く人が、ここを拠点にするのかな?

P1030813_convert_20170515003024.jpg
神楽面の巨大モニュメントが、高千穂ならではですね。

P1030972_convert_20170515003111.jpg
本当は車中泊じゃなく、日之影温泉駅にある、TR列車の宿に泊まってみたくて、
旅行3週間前に問い合わせの電話をしたけど、満室ですとの事。

電話予約のみでホームページも特にないし、日曜日だから空いていると
思ったんだけど、人気の宿なのかな?

P1030974_convert_20170515003054.jpg
次の日に日之影町に寄り道して、写真だけ撮って来ました。

P1030968_convert_20170515003131.jpg
当時のままの外観を残すTR車両。

簡易宿泊施設ですが、トイレ付でリーズナブルな料金。

隣の日之影温泉駅には温泉もあるし、条件は最高だったのですが・・・残念。



旅2日目。

午前6時過ぎ起床。

2017-05-04-18-49-16_convert_20170521020450.jpg
前日に追加購入した、「吉野鶏めし」を朝食に。

外で食べる鶏めし、ウメー。

前日の朝も食べたけど、何個食べても飽きない味です。

P1030817_convert_20170517035614.jpg
前日の夜も行きましたが、この日も早朝から高千穂峡に行きます。

早起きして時間も余裕があるので、真名井の滝からは遠いですが、
無料の大橋駐車場に車を停めて、遊歩道を歩く事にします。

P1030819_convert_20170517042001.jpg
帰り道は、しんどそうやな(^_^;)

P1030821_convert_20170517042113.jpg
渓谷が見えてきました。

P1030823_convert_20170517042319.jpg
神橋からの眺め。

P1030851_convert_20170517043510.jpg
断崖絶壁のV字渓谷。

P1030943_convert_20170517040548.jpg
高千穂三段橋

下から「神橋(石橋)」「高千穂大橋(銅橋)」「神都高千穂大橋(コンクリート橋)」と
趣の異なる3つの橋を一望。

渓谷の一ヵ所に3つの橋が架かるのは珍しいそうです。

P1030861_convert_20170517042445.jpg
真名井の滝までもう少し。

P1030933_convert_20170517043217.jpg
仙人の屏風岩

P1030863_convert_20170517041737.jpg
鬼八の力石

P1030869_convert_20170517041412.jpg
おのころ島

P1030758_convert_20170517041011.jpg
高千穂大橋から約1km、高千穂峡の遊歩道を歩いたハイライトは、落差17mの真名井の滝

緑の木々と神秘の渓谷は、まさに絶景。

早朝で人も少ないので、空気が綺麗な気がします。

水と緑に癒され、ずっと観てても飽きない風景ですね。

DSC_0991_convert_20170517044006.jpg
せっかくなので、ボートが来るまで待ってみます。

P1030911_convert_20170517044713.jpg
御橋から見た真名井の滝

P1030921_convert_20170517045046.jpg
滝見台から見た真名井の滝

P1030873_convert_20170517041557.jpg
天安河原」以上に楽しみにしていた高千穂峡

やっぱり「真名井の滝」は絵になる風景で素晴らしい。

天気も良く、大迫力の渓谷美を楽しむ事が出来ました。


次は、延岡経由で宮崎市街地へ向かいます。

P1030953_convert_20170517045721.jpg
その前に、廃線になった高千穂駅に寄ってみます。

P1030956_convert_20170517045741.jpg
廃線を利用した、高千穂あまてらす鉄道の「スーパーカート」が人気だそうです。

P1030960_convert_20170517045759.jpg
9時過ぎに着いたので営業時間前でしたが、このスーパーカートに乗ると
自然豊かな絶景を楽しめるそうです。


前日も含め、高千穂観光は天気に恵まれて大満足。

楽しかったなぁ。

また行きたいと思えるスポットで、次は、夜神楽を鑑賞して、ボートに乗って
真名井の滝の水しぶきを浴びて、スーパーカートにも乗ってみたいですね。

その前に、ボートの漕ぐ練習しなきゃ。

ボートって乗ったことないけど、ぶっつけでも漕げるんかな?


昼食は前日に続いて、チキン南蛮(笑)

DSC_0997_convert_20170521020338.jpg
11時過ぎ、延岡市にある、「おぐら イオン多々良店」に到着。

せっかくなので、宮崎市内の「おぐら本店」も考えたのですが、
宮崎市内に着く12時頃は、ピークで行列が凄いかも?

待つ時間がもったいないので、ネット情報の少ないこちらの店へ。

DSC_0999_convert_20170521020411.jpg
開店直後なので空いています。

まだ新しい店なので、店内も綺麗。

DSC_0998_convert_20170521020355.jpg
チキン南蛮と言えば、むね肉が基本と思いますが、モモ肉もあるんですね。

2017-05-04-18-48-47_convert_20170521020543.jpg
最初はレギュラー南蛮(むね身)を注文する予定でしたが、
気が変わって、ダブル南蛮を注文。

ムネとモモの両方を味わえます。

タルタルソースが、肉の上だけでなく、下にもたっぷりかかっています。

2017-05-04-18-48-24_convert_20170521020525.jpg
「直ちゃん」さんは個性的で見た目からは想像出来ない味でしたが、
「おぐら」さんは王道の味と言うか想像通りの味と言ったところでしょうか。

タルタルをたっぷり絡めて食べる、チキン南蛮は絶品。

その、タルタルソースが、また美味しくてソースも全て完食。

旅行中はカロリーとか気にしません(笑)

「直ちゃん」さんの和風チキン南蛮に対して「おぐら」さんの洋風チキン南蛮。

どちらも美味しかったので、しばらくは、ホカ弁のチキン南蛮を食べることはなさそう。

ただ、チェーン店の「おぐら」さんより、オンリーワン的には「直ちゃん」さんかな。

前ページ | 47食の旅地図ホーム | 次ページ

▲TOPへ