24色のクレパス

国内旅行&食べ歩きの旅行記をメインに、泉州・和歌山グルメ    

2013淡路島グルメドライブ4 G.エルム(G.ELM)

うずしおクルーズを楽しんだ後はカフェタイム。

近くのうずしお広場にある、G.エルムへ。

DSC01515_convert_20131107194548.jpg
G.エルム。
手作りアイスや、季節の果物が入ったシャーベットがいただけます。

DSC01520_convert_20131107194647.jpg
ジェラートの種類は、10種類以上。

どれも美味しそうなので何にしようか悩みますが、
一番人気の「しぼりたて牛乳」は外せません。

DSC01516_convert_20131107194607.jpg
「しぼりたて牛乳」と「ブルーベリーヨーグルト」

濃厚なのに後味さっぱりの「しぼりたて牛乳」はいつ食べても美味しい。
ブルーベリーも、つぶつぶの果実感を楽しめます。

DSC01517_convert_20131107194625.jpg
「しぼりたて牛乳」と「すだちシャーベット」


DSC01521_convert_20131107194710.jpg
続いて、Gエルムの隣にある、シフォンケーキ専門店フォーチュンへ。

DSC01549_convert_20131107194742.jpg
さすがにお腹いっぱいなのでテイクアウト。
淡路島プレーンしふぉん、しっとりふわふわ。
 
淡路島しふぉんの店fortune

DSC01548_convert_20131107195049.jpg
土産に長手長栄堂あわじオレンジスティックを購入。

鳴門オレンジの皮の砂糖漬けを、ビターチョコレートでコーティング。
ほんのり感じられる苦味がアクセントになっています。
全国菓子博で最高賞の名誉総裁賞を受賞したそうです。
 
淡路島銘菓撰 御菓子処 長手長栄堂

ポチっとありがとうございます
  ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
G.エルムのアイスが美味しかったので、他の種類のアイスも食べたくなりました。

で、後日お取り寄せしちゃいました。

DSC_0242_convert_20131112191650.jpg

DSC_0240_convert_20131112191624.jpg 
見た目は非常にシンプル。
季節限定の「栗きんとん」「つぶつぶイチゴ」など
どちらも果実がたっぷり入っているのがわかります。

クリーミーなアイスと果汁たっぷりのシャーベット。
どれも美味しいですが、やっぱりお店で食べるのが一番美味しく感じますね。

淡路島に行った時は必ず立ち寄りたいお店です。

G.エルム

2013淡路島グルメドライブ3 うずしおクルーズ

由良港から、海岸沿いの兵庫県道76号線を走り福良港に向かいます。
走っていると数か所で、やたら目立つ「ナゾのパラダイス」の看板が。

DSC01508_convert_20131107194524.jpg
探偵ナイトスクープで紹介されたみたいです。
番組は知っていますが、「ナゾのパラダイス」の事は知りませんでした。

調べてみると、水仙郷と秘宝館があるらしい。
不思議な組み合わせですね。

行きませんでしたが、秘宝館ってまだ営業しているところもあるんですね。

淡路立川水仙郷


うずしお観潮船の発着場でもある、うずしおドームなないろ館にやってきました。

乗船の時間待ちの間、隣にある「足湯うずのゆ」へ。

DSC01528_convert_20131109183235.jpg
南あわじ温泉郷 足湯・うずのゆ

DSC01527_convert_20131109183210.jpg
もちろん無料で利用できます。

DSC01522_convert_20131109183130.jpg
うず潮足浴。

DSC01526_convert_20131109183149.jpg
鳴門海峡の渦潮をイメージして、湯が渦を巻いています。

泉質は、トロンとしてヌルヌル感が凄いですね。
こういうすべすべになるような特徴のある泉質は好きなので、
普通に入浴したくなってしまいました。

DSC_0212_convert_20131109183107.jpg
観潮船「咸臨丸」に乗って約1時間のうずしおクルーズに出発です。

しかし、帰ってきてからカメラのトラブル発生。
うずしおクルーズで撮った写真の一部と動画を誤って消してしまいました。

保存したつもりで、ちゃんと確認していなかった私のミスですが、
動画も撮っていただけに、ちょっとショック。

DSC_0198_convert_20131109182943.jpg
大鳴門橋が見えてきました。

DSC_0211_convert_20131109183041.jpg

DSC_0206_convert_20131109183003.jpg
潮見表を確認して、潮の流れが特に強い出航時間を選んだので、
迫力のある渦潮を見る事ができましたが、良い写真がありません。

DSC_0208_convert_20131109183018.jpg 
エメラルドグリーンの海が綺麗。

船内には、うずしおの資料館や映像紹介もあり、
船からの景色もガイド付きで楽しむことができます。

以前、潮見表も確認せずに鳴門から観潮船に乗ったことがあるのですが、
その時とは比べ物にならないくらい大きな「うずしお」を観ることができました。

当たり前ですが、せっかく行くのなら、大きな渦潮が期待できる
大潮の時間帯に行くのが良いでしょう。

うずしおクルーズ観潮船「咸臨丸」

ポチっとありがとうございます
  ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2013淡路島グルメドライブ2 新島水産

お墓参りを終えて、昼食は由良港の近くにある新島水産で海鮮料理。

土日はすぐに満席になってしまうほどの人気店なので、
予約をしておきました。

DSC01506_convert_20131106195906.jpg
水産会社に併設された食事処でいただきます。

DSC01488_convert_20131106195355.jpg
テーブル席と

DSC01489_convert_20131106195418.jpg
座敷があります。

DSC01492_convert_20131106195605.jpg
予約しておいたのは、「磯焼きコース(2900円)」
 あわび 1枚
 さざえ 1ヶ
 大あさり 2ヶ
 ヒオウギ貝 1枚
 本日の一品
 野菜・汁物・佃煮・タコ飯(予約していない時は白飯になります)

DSC01490_convert_20131106195459.jpg
本日の一品は「鱧の一人鍋

DSC_0194_convert_20131106195517.jpg
淡路島は鱧も有名ですね。

DSC01500_convert_20131106195746.jpg
本日の一品に含まれるのか、サービスなのか分かりませんが
なんと「鱧の生肝」が出てきました。

鱧の生肝なんて、聞いた事も見たこともないのでビックリ。

ごま油と塩でいただきますが、これがめちゃウマ!
牛の生レバーに、わりと似た味なので、
生レバー好きの人には、超おすすめです。

ただし、いつでもある訳じゃないみたいでメニューにも載っていません。
食べられたのはラッキーだったのかもしれませんね。

DSC_0195_convert_20131106195438.jpg
貝類は自分で焼いてもいいし、店の人に焼いてもらう事もできます。

焼き方の説明書きもありましたが、初めてなので焼いてもらう事にしました。

DSC01501_convert_20131106195806.jpg
美味しそうに焼けてきました。これはビールが欲しくなります。

DSC01491_convert_20131106195542.jpg
昼食だし飲まないつもりだったのですが、思わずビールを注文してしまいました。
この後の運転は嫁に任せます。

DSC01496_convert_20131106195646.jpg
さざえ。
醤油を少し注していただきます。

DSC01498_convert_20131106195709.jpg
身がとても大きい。

DSC01499_convert_20131106195728.jpg
ヒオウギ貝。
お好みで醤油かポン酢を少々。ホタテに似ているような。

DSC01503_convert_20131106195846.jpg
大あさり。
名前の通りデカい。バターと醤油を少し入れて焼きます。

DSC01502_convert_20131106195825.jpg
アワビ。
アワビの肝にバターと少量の醤油を入れ混ぜ合わせます。
焼けたアワビに混ぜ合わせた肝ソースをつけていただきます。

肝ソースをからめたアワビ、美味しいに決まっています。

DSC01495_convert_20131106195625.jpg 
タコ飯も佃煮も美味しい。


新鮮な貝類を、その場で焼いて食べる贅沢。
どれも美味しかったけど、「鱧の生肝」と「アワビの肝ソース和え
が特に美味しかった。

初めてだと、自分で焼くより店の人に焼いてもらった方が良いでしょう。
味付けもしてくれるし、一番美味しく食べられる状態で提供してくれます。
魚介類が好きな人には間違いのない店でしょう。

今年の4月に、新島水産の支店が、大阪市福島区にできたそうです。

新島水産

ポチっとありがとうございます
  ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

新島水産 大阪福島店
  ↓  ↓
海物焼 新島水産



関連ランキング:居酒屋 | 福島駅新福島駅中之島駅


2013淡路島グルメドライブ1 平野パン

10月の話になりますが、墓参りを兼ねて淡路島ドライブに行ってきました。

淡路島と和歌山県の串本町は、墓参りするため毎年一回は行きます。

昔は淡路島までフェリーで行く事が出来ましたが、フェリーが廃止になったので、
車で行くには、明石海峡大橋を渡るか、和歌山港から徳島港行のフェリーに乗って、
そこから大鳴門橋を渡るかのどちらかしかありません。

泉州地方からは直線距離だと近くて、海岸から淡路島が見えるのに、
行くとなったら、なんて遠いのでしょう。


今回は淡路島でモーニング・ランチ・カフェの予定です。

嫁が美味しそうなパン屋を発見したので、 出発前に朝食は食べず
目的のパン屋のオープン時間に着くように出発します。

DSC01466_convert_20131105162743.jpg
明石海峡大橋を渡るルートで行って来ました。

DSC01471_convert_20131105162810.jpg
洲本市にある平野パンに7時30分に到着。
お洒落な外観の一軒家ベーカリーです。

DSC01473_convert_20131105162850.jpg
さっそく併設されているカフェスペースで朝食にします。

DSC01484_convert_20131105162910.jpg
好きなパン+サラダセットを注文。

サラダセットはサラダ・ハム・スクランブルエッグ・ドリンクで420円。

DSC_0193_convert_20131105162831.jpg
天然酵母のタルティーヌ
(自家製天然酵母のパンに、きのこやじゃがいもなどの野菜をのせて焼き上げました)

DSC01479_convert_20131105162932.jpg
ダノワーズクレームエーグル
(星の焼き型にデニッシュ生地、カスタード・サワークリームをのせ焼き上げました)

モーニングを食べている間にも、次々と焼き上がったパンが並べられていきます。

DSC01476_convert_20131105162951.jpg
パンが美味しかったので、翌日の朝食用に持ち帰りでパンを買うことに。
たくさんの種類のパンがあり、どれにしようか悩みます。

DSC01478_convert_20131105163023.jpg
どれも美味しそうで目移りしてしまいますね~。

DSC01477_convert_20131105163005.jpg
カラフルなフルーツのデニッシュ系のパンも充実しています。

近所に、こんなパン屋さんがあればいいのになぁ。

平野パン

ポチっとありがとうございます
  ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村

香住ガニ旅行6 余部鉄橋と余部橋梁

宿をチェックアウトして、かすみ朝市センターに寄ってみました。

しかし平日なのか、時期的なものか全く賑わっていません。
開いている店も少なく、魚介類の種類も少な目で、
残念ながら買いたいと思う商品もなし。

松葉ガニのシーズンは賑わっていると聞きました。
こういう所は、休日に行く方が活気があって良いのかも知れません。

次の目的地は、鉄道ファンの聖地とも言われる、余部橋梁

明治時代の最高技術の結晶とも言えるトレッスル鉄橋は、約100年の歴史を刻み
平成22年に近代的なデザインのコンクリート橋に生まれ変わりました。

DSC_0157_convert_20131005225010.jpg
余部ICを降りて、左折すると、餘部橋梁が見えてきました。

DSC01451_convert_20131005224945.jpg
道の駅あまるべ」に車を停めて散策します。

DSC_0048_convert_20131005230109.jpg

DSC_0046_convert_20131005230051.jpg
鉄橋下の慰霊碑。

私は、1986年の列車転落事故をニュースで見て余部鉄橋を知りました。
当時、子供ながらも衝撃的な事故だったので、はっきりと記憶に残っています。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

DSC_0049_convert_20131005230207.jpg
地上から展望施設を見上げる。
やっぱり高いですね。

DSC_0050_convert_20131005230133.jpg
展望施設「空の駅」は今年の5月に完成したばかり。
空の駅まで急な坂道を歩きます。(道の駅から約10分)

DSC_0051_convert_20131005231526.jpg
現在も残る、3脚の鉄橋。

DSC_0164_convert_20131005230003.jpg
余部鉄橋空の駅へのアプローチ。
右手にあるのは餘部駅のホーム。

DSC_0165_convert_20131005230026.jpg
旧軌道の上を歩いてみます。

DSC_0055_convert_20131005230150.jpg

DSC_0054_convert_20131005225832.jpg
空の駅から、美しい日本海を望む。
海と山に田舎の景色。のどかな風景に癒される。

さらに奥まで歩くと、鉄橋下が見られる、のぞき窓があるらしいのですが、
柵があって眺めがイマイチで、途中で引きかえしたので気付きませんでした。


DSC_0172_convert_20131005225935.jpg
餘部駅のホームにも行ってみました。
ベンチが取り壊された鉄橋?

DSC_0173_convert_20131005225900.jpg

DSC01449_convert_20131005224916.jpg
余部鉄橋の模型。

「道の駅 あまるべ」では、余部鉄橋の歴史が分かる模型やDVD映像などの
資料コーナーがあります。

興味があり、余部鉄橋建設当時の様子や新余部橋梁の工事の状況
映像に見入ってしまいました。

ポチっとありがとうございます
  ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

«  | HOME |  »

カウンター

プロフィール

stay

Author:stay
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
目標は47都道府県全て旅すること。

このブログはリンクフリーです。

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

泉州グルメ (35)
大阪お出かけ (17)
神奈川旅行 (2)
山梨旅行 (2)
長野旅行 (25)
静岡旅行 (27)
岐阜旅行 (22)
富山旅行 (13)
石川旅行 (2)
福井旅行 (4)
愛知旅行 (9)
三重旅行 (27)
滋賀旅行 (21)
京都旅行 (18)
奈良旅行 (7)
兵庫旅行 (31)
和歌山旅行 (65)
岡山旅行 (15)
鳥取旅行 (5)
島根旅行 (1)
広島旅行 (2)
山口旅行 (1)
香川旅行 (12)
徳島旅行 (2)
愛媛旅行 (13)
高知旅行 (3)
福岡旅行 (5)
大分旅行 (7)
熊本旅行 (9)
宮崎旅行 (12)
沖縄旅行 (6)
物産展・お取り寄せ・テイクアウト (5)
ランニング (7)
映画 (1)
カラオケ (4)
未分類 (11)

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア