FC2ブログ

夏の北海道旅行⑦ 函館市電 コーヒールームきくち モカソフト


函館朝市で朝食を食べた後は、「市電・函館バス2日乗車券」を使って観光。

P1080587_(2)_convert_20180903135551.jpg
市電函館駅前から、湯の川方面へ。

P1080603_(2)_convert_20180902080232.jpg
乗り降り自由なので、駒場車庫前で降りてみます。

P1080591_(2)_convert_20180902080316.jpg
駒場車庫前には「函館馬車鉄道記念碑」があります。

1897年からとは長い歴史で、大昔は馬車鉄道が走っていたんですね。

馬車鉄道とか、すごいなぁ。

P1080601_(2)_convert_20180903135718.jpg
駒場車庫の留置線に停まっている電車。

立ち入り禁止なので歩道からの見学ですが、年に数回内部を見学できるイベントもあるみたい(要予約)

P1080599_convert_20180903135926.jpg
写真右の車庫に停まっている電車が、暗くて見えにくいのがちょっと残念。

P1080456_(2)_convert_20180903135352.jpg
その後、終点の湯の川まで市電で移動。

P1080605_(2)_convert_20180903144023.jpg
電停湯の川の近くにある「湯倉神社」へ。

湯の川温泉発祥の地だそうです。

冬なら湯の川温泉で日帰り入浴してたかも?

P1080607_(2)_convert_20180903144039.jpg
階段を上って大きな鳥居をくぐります。

P1080609_(2)_convert_20180903144006.jpg
拝殿。

DSC_1930_convert_20180902075549.jpg
参拝した後は、約5分歩いて、「コーヒールームきくち」さんへ。

黄色が目立つ、昔ながらの喫茶店に見えます。

P1080614_(2)_convert_20180902075652.jpg
ソフトクリーム専用窓口。

P1080613_(2)_convert_20180902075616.jpg
函館と言えば・・・ランキングで10位。

水曜どうでしょう効果?

今回の旅行で、7位と9位以外は行ったかな。

P1080618_(2)_convert_20180902075722.jpg
モカソフト(260円)

開店直後で他にお客さんが居なかったからか、優しそうな店のおばちゃんが色々と話しかけてくれました。

1人で旅していると、旅先での人との会話が、とても楽しく感じます。

モカソフトの味は、濃厚滑らかなソフトクリームとは違って、小さな氷の粒もあってシャリシャリでサッパリ。

冷たくて夏にピッタリですが、溶けるの早すぎ、笑。

写真を撮っていると、あっという間に溶けだした。

次の目的地に向かうバスの時間が迫っていたので、歩きながら食べたんだけど、溶けるスピードが速すぎて、ゆっくり味わって食べることが出来ませんでした(^_^;)

手も汚れたし・・・。

リピートして、今度は店内で、ゆっくりおばちゃんと話しながら食べたいと思います。



いろいろな場所で函館市電の写真を撮ったので、ペタペタと貼っていきます。

P1080930_(2)_convert_20180903140752.jpg
十字街付近。

左に見えるのは、「市電操車塔」

P1080822_(2)_convert_20180903140437.jpg
後ろに見えるのは、「旧丸井百貨店(函館市地域交流まちづくりセンター)」

P1090359_(2)_convert_20180903141414.jpg
相馬株式会社。

この場所は、RDJ2010ADVANCEDさんに教えてもらいました。

P1080850_(2)_convert_20180903140240.jpg
函館どつく前駅。

「どつく」とか関西人が聞いたら、ガラの悪い言葉を思い浮かべそうですが、「どっく」と読むそうですw

P1080844_(2)_convert_20180903140048.jpg
「社長のいか塩辛」ラッピング電車。

後に、お土産に塩辛を買いましたとさ。

P1080804_(3)_convert_20180903143128.jpg
青柳町電停付近。

P1080816_(2)_convert_20180903142857.jpg
同じく青柳町。

P1090379_(2)_convert_20180903141212.jpg
谷地頭電停。

P1090385_(2)_convert_20180909162121.jpg
8月の祭りの予行練習???


函館ハイカラ號が走っていない(休日のみ運行?)のは残念でしたが、様々な車両が走っているので、函館市電は見るのも楽しかった。

P1090154_(2)_convert_20180903141012.jpg
最後は函館バス。

「市電・函館バス乗車券」は、市電の全ての区間に乗れるのはもちろん、函館山登山バスや五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスも乗れるので、お得に利用出来ました。

関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/534-60966367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ