FC2ブログ

夏の北海道旅行⑤ 回転寿司 函館まるかつ水産本店


タイトルに「北海道旅行」と書いてあるのに、仙台ネタで引っ張りすぎましたが、やっと北海道突入、笑。

DSC_1896_(2)_convert_20180822035536.jpg
12:22新函館北斗駅に到着。

DSC_1898_(2)_convert_20180822035600.jpg
乗り換えて函館駅に向かう前に、軽く撮影タイム。

まずは「はやぶさ」

DSC_1899_(2)_convert_20180822035623.jpg
駅の一階には「北斗の拳 ケンシロウの銅像」

「北斗」つながりですが、ゆかりはないらしいw

DSC_1901_(2)_convert_20180822035639.jpg
新函館北斗駅の外に出てみました。

駅の柱は、「トラピスト修道院のポプラ並木」をイメージして建てられたそうです。

P1080389_(2)_convert_20180822035832.jpg
赤とんぼポストの赤レンガに座る、北斗市のゆるきゃら「ずーしーほっきー」

個性的なキモカワキャラですな(笑)

売店をチラッと見ただけですが、グッズも多数売っていました。

ちなみに、赤とんぼと赤レンガは北斗市にゆかりがあるらしい。



P1080397_(2)_convert_20180822040107.jpg
写真を撮っていたら函館ライナーに乗り遅れてしまったので、次の普通列車で函館駅へ向かいます。

窓が開く列車に乗ったのは、いつ以来だろう?

懐かしいなぁ。

小学生の頃を思い出しますね。

P1080411_(2)_convert_20180822042416.jpg
13:06函館駅到着。

P1080417_(2)_convert_20180822042348.jpg
「本場の味 サッポロビール」の文字に目がいっちゃいます、笑。



P1080427_(2)_convert_20180822043107.jpg
すでに北海道入りしているメンバーもいますが、函館には一番乗りかな?

これから、2日半かけて、ゆっくり函館観光の予定。

P1080419_(2)_convert_20180822043128.jpg
まずは、JR函館駅構内にある函館市観光案内所で、「市電・函館バス2日乗車券」を購入。

P1080428_(2)_convert_20180822043549.jpg
函館駅西口には、「旧函館駅所在地の碑」と「いかポスト」が。

函館名物の「イカ料理」は楽しみです。



宿泊先は、函館駅から徒歩5分程度。

函館朝市の前を通るので、下見がてら寄り道しますが、13時過ぎだと朝市は終わりかけていますね。

チェックイン時間にはまだ早いのですが、荷物を預かってもらえるか宿に電話してみます。

すると、今からでもチェックイン出来るとの事なので宿へ向かいます。

宿の前で、オーナーさんが外に出て待っていてくれました。

P1080473_(2)_convert_20180822043401.jpg
この日から3日間お世話になる宿は、「民宿福ふく」さん。

久しぶりの民宿です。

チェーン展開しているホテルならサービスの差はほとんどないと思いますが、個人でされている民宿なので、口コミは、かなり参考にしました。

夏休みにしてはリーズナブルな料金で宿泊出来るのと、何と言っても口コミの良さが決め手です。

口コミ通り、人のよさそうなオーナーさんは、とっても話好き。

鍵をもらって、部屋に入り一通りの説明を受けた後、

「ちょっと時間ある?」と聞かれたので、

「ええ」と答えると、オーナーさんの部屋に案内されました。

さらに「お酒飲める?」と聞かれたので

「ビールなら飲めます」と答えると、

ビールとおつまみをごちそうしてくれました(オーナーさん自身が飲みたかったみたい)、笑。

で、お酒を飲みながら30分くらい函館の話等を聞かせてもらいました。

新幹線内で昼ご飯食べ過ぎた(ビール付)のに、14時過ぎにロング缶のビールを頂きお腹がヤバい。

「もう一本飲む?」と言ってくれましたが、丁重にお断りして観光に出かけます。

P1080475_(2)_convert_20180822043441.jpg
部屋は新しく綺麗でシモンズのベッド。

1人なので十分な広さです。

P1080479_(2)_convert_20180822043419.jpg
ミニキッチンもあり、実家に帰ってきたみたいな感覚かな。

P1080477_(2)_convert_20180824050415.jpg
トイレも広くて清潔です。


泊まってみての感想ですが、

立地が良く、函館駅や函館朝市、金森倉庫群のあるベイエリアも徒歩圏内、市電の駅やバス停も近くにあり観光に便利。

玄関はオーナーさんと別々、部屋は新しくて綺麗で専用のトイレもあり、プライベートは十分確保されています。

ただ、分かっていた事ですが、お風呂がオーナーさんの居住スペースにあるので、借りるときは時間帯によっては気を使いますね。

優しいオーナーさんで何時でも自由に使ってと言ってくれますが、全てお言葉に甘える訳には・・・

共同生活と無縁なので、お風呂だけは思ったよりも気を使ってしまいました。

オーナーさんには色々とお世話になりました。

アットホームな良い宿でリピーターが多いのも納得です。

話好きで、浴室を借りるのが気にならない人には特におすすめです。



ベイエリアで土産物屋の下見をして、時刻は16時過ぎ。

土産は翌日にまとめて買って、宅配便で送ってしまおう。

夕食はどうしよう?

お腹は空いていませんが、ピーク時に一人で行列に並ぶのは退屈すぎる。

いつものように開店時間を狙って早めの夕食にします。

P1080471_(2)_convert_20180822074537.jpg
ベイエリアにある「回転寿司 函館まるかつ水産本店」さん。

格安チェーン店と比べると高級回転寿司かな?

団体客が入ってきたので、16:30に開店してすぐ満席になりました。

早めに行って良かった。

DSCPDC_0000_BURST20180723163211859_convert_20180822084243.jpg
私は、回っている寿司をあまり取らないので、タブレットで注文できるのは便利で助かります。

タブレットがあるから、この店を選んだと言っても良いかも。

DSC_1906_(2)_convert_20180822084518.jpg
食べた寿司は、ほとんど、本日のおすすめネタから選びました。

普通のネタには興味なし、笑。

北海道限定品とか、珍しい食べ物に弱いんです、笑。

2018-07-29-10-36-02_(2)_convert_20180822084701.jpg
はこだてビール(社長のよく飲むビール)

それでも、やっぱりビールは飲みます、笑。

関西ではあまり馴染みのないネタ中心に注文。

魚介類は一切嫌いな物がないので、何を食べても大丈夫でしょう。

2018-07-29-10-36-41_(2)_convert_20180822083140.jpg
ほや軍艦(噴火湾産)

2018-07-29-10-36-52_(2)_convert_20180822083207.jpg
海貝三好(つぶ貝・ほたて・ほっき貝)   生簀いか(函館産)

2018-07-29-10-37-09_(2)_convert_20180822083224.jpg
真ぞい(函館産)      ほっけ(松前産)

2018-07-29-10-37-32_(2)_convert_20180822083330.jpg
油子(函館産)      生にしん(噴火湾産)

2018-07-29-10-37-53_(2)_convert_20180822083411.jpg
きんきん         ノドグロ<赤ムツ>

2018-07-29-10-37-21_(2)_convert_20180822083246.jpg
炙り油ぼうず

2018-07-29-10-37-41_(2)_convert_20180822083348.jpg
炙り油ガレイ

生簀イカは、普通のイカとは全然違う美味しさ。

さすが、函館の烏賊ですね。

ホッケやニシンなども、北海道では、生で食べられるんですね。

真ゾイ・油子・油ぼうずなど、聞いたことのない魚も勢いで注文したけど、大正解。

まだまだ食べたい寿司はありましたが、10皿が限界。

どのネタも大きくて美味しかった。

回転寿司で5000円超は初めてですが、関西では見掛けないネタを美味しく食べられて大満足。



関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

民宿いいところで良かったですねえ(^_^)
そしてお寿司のおいしそうなこと!
その場所での美味しいネタに舌鼓打てたようで
なによりですね。

ジャムさん、こんばんは。

アットホームなよい民宿でした。

明るい性格のジャムさんにおすすめの宿です(笑)

その場所の新鮮なねた、これはホントに最高ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/530-f94e1758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ