FC2ブログ

海の京都 北近畿ドライブ旅行② 伊根の舟屋~岩ガキ刺身定食


ずっと前から行きたかった、「伊根の舟屋」

やっと、訪れる事が出来ました。

P1070438_convert_20180608235059.jpg
伊根湾沿いの高台にある、「道の駅 舟屋の里 伊根」に車を停めて伊根観光スタート!

P1070444_(2)_convert_20180608235301.jpg
道の駅の上にある公園には、ブリとタイのモニュメントがあります。

伊根と言えばブリも有名で、伊根湾は日本三大ブリ漁場です。

本当は伊根の寒ブリのシーズンに来て、ブリづくし料理を食べてみたかったのですが、
冬はノーマルタイヤじゃ厳しいし・・・電車で行くしかないか?

P1070799_convert_20180608235534.jpg
ふなやん。

P1070454_convert_20180609103534.jpg
道の駅の展望所からは、伊根湾が一望出来ます。

ん~良い景色だ。

P1070452_convert_20180608235828.jpg
ええにょぼのモニュメント。

連続テレビ小説「ええにょぼ」や「釣りバカ日誌」「男はつらいよ」の舞台にもなっています。


道の駅に車を停めたまま、舟屋の里に向かう近道の階段を下ります。

田舎の漁村の雰囲気は良いのですが、階段周辺の木にはカラスも多く、糞まみれ😱

頭上を気にしながら歩かないと危険です。

帰り際、空から目の前に何か落ちてきて、道路がペチャー!

あと5秒早く通っていたら、糞が頭を直撃してたわ(゚д゚)

糞が直撃したら、観光どころじゃないわ!危ない危ない。

ちなみに、階段周辺以外は、そんなに心配しなくても大丈夫かと。

P1070797_convert_20180609000050.jpg
伊根町コミュニティーサイクルと言う無料のレンタサイクルがあるので、利用してみます。

5つのサイクルポート(貸出・返却拠点)で自由に使えて、無料というのがとても親切ですね。

徒歩で散歩するより行動範囲も広がるし、舟屋群の端から端まで簡単に行けそうな感じ。

P1070512_(2)_convert_20180609074205.jpg

P1070469_convert_20180609095142.jpg
レンタサイクルで伊根の町中を走ります。

P1070467_convert_20180609095425.jpg
去年OPENした、観光交流施設の、舟屋日和

P1070781_(2)_convert_20180609092904.jpg
伊根湾に寄り添う絶好のロケーションですが、10時前なので、まだ開いていない。

P1070796_convert_20180609075038.jpg
舟屋の隙間の細い路地からも、海が見えます。

P1070461_convert_20180609074044.jpg
舟屋とは、1階は直接海に出られるように水際ぎりぎりに建てられた船の格納庫、2階は住居と言う独特の構造をした家屋で、伊根湾岸沿いの約5kmに、約230の舟屋が軒を連ねているそうです。

独特で昭和を感じさせる古い町並み、好きな景色です。

P1070479_convert_20180609094827.jpg
まるで、海の上に浮かぶように見えます。

海上からの景色も楽しみたくて、伊根湾めぐり遊覧船も考えていたのですが、
他の方の旅行記などを見てみると、海上タクシーがおススメとの意見が多い。

海上タクシー(小型ボート)は、大型の遊覧船よりも、さらに舟屋を近くで見学できるらしい。

それが決め手となり、海上タクシーを呼ぶことに。

数ある海上タクシー会社の中から選んだのは「亀島丸」さん。

ホームページがあったのと、口コミが多かったので選びました。

電話して現在位置を告げると、「10分後に、カフェ雅さんの前まで迎えに行きます」との事。

P1070514_convert_20180609095307.jpg
「伊根の舟屋 雅」さんに声を掛けて、テラス席で待たせてもらいました。

目の前に水面が広がる、開放的な景色。

2階は宿泊施設になっているので、本当に伊根の寒ブリシーズンに泊まってみたい。

P1070521_convert_20180609093813.jpg
ほどなくして、海上タクシーがやってきましたよ。

ちょうど、前のお客さんと入れ替えみたいで、最初は貸し切り、
途中で4人のお客さんが乗って来ました。

P1070546_(2)_convert_20180609094452.jpg
さぁ、出発。

この季節の潮風の心地よさは抜群ですね。

P1070574_convert_20180609094058.jpg
本当に舟屋を近くで見学することが出来ます。

しかも、ベストスポットでは停まってくれるし、船頭さんの詳しいガイドも聞けます。

入り組んだ湾にあり、干潮と満潮の水位の差が少ないので、海はいつも穏やかで、
水際ギリギリに舟屋を建てることが出来るそうです。

他では見られない景色ですね。

日本では、ここだけなのかな?

P1070544_convert_20180611163100.jpg

P1070775_(2)_convert_20180609093103.jpg
「亀島丸」さんの舟屋を通ると、優しそうな奥さんが手を振って、
乗船のお礼を言ってくれました。

P1070578_convert_20180609093327.jpg
次は、カモメのエサやりタイム。

私は、鳥が好きじゃないので、エサは与えず撮影するのみ。

この鳥がカモメかどうかもよくわからんし(笑)

P1070609_(2)_convert_20180609074640.jpg
エサ(かっぱえびせん)の小袋は無料サービス。

空に向かって投げると・・・

P1070649_convert_20180609074828.jpg
ハイっ、ナイスキャッチ!

約30分の海上タクシーを楽しんで、「舟屋日和」前で降ろしてもらいました。

今まで、遊覧船らしきものは色々乗って来ましたが、今回の伊根海上タクシーが
一番楽しかったかも。

遊覧船と比べると少々高い(1人1.000円で2人から)ですが、遊覧船では有料の
カモメのエサも無料で、ほぼ貸し切りなので最高でした。

ブログを書きながら、「亀島丸」さんのHPを改めて見てみると、舟屋見学も出来るらしい・・・

亀島丸さんの舟屋で降ろしてもらうか、後で立ち寄ればよかったなと後悔。

ちゃんと旅行計画しているつもりで、詰めが甘いと言うか・・・

舟屋見学もしたかったので、また来よう。


午前11時になったので、昼食にしましょう。

P1070513_convert_20180609074304.jpg
食べる物は事前に決めていたので、こちらのお店には行きませんでしたが、
「干しなまこ丼」が気になる。


伊根観光を終え、道の駅に戻って来ました。

上りの階段(263段)は、けっこう堪えますね(^_^;)

階段を上り終えて、道の駅に向かうと、こっちをジッと見つめるオジサンが!

そして、近寄って来ました。

何かなと思いましたが、伊根観光協会の人らしく、アンケートをお願いしますと言われました。

伊根町は、観光に力を入れているのですかね?

アンケートには、もちろん良い事ばかり書きましたよ。

カラスの糞以外はね(笑)

P1070803_convert_20180608234906.jpg
「道の駅 舟屋の里 伊根」にある「レストラン 舟屋」さん。

2018-06-03-03-44-13_convert_20180608234012.jpg
舟屋海鮮丼

2018-06-03-03-44-31_convert_20180608234028.jpg
岩カキ刺身定食

2018-06-03-03-44-51_convert_20180608234045.jpg
生牡蠣にケチャップって珍しい組み合わせですね。

私的にはレモンかな。

初夏限定の岩ガキは、マイルドでクリーミーな味わい。

大きくて食べごたえあり、美味かった。


伊根地方独特の舟屋の町並みは、ノスタルジックな雰囲気で、
穏やかな海を眺めながら散歩するのが、とても楽しかった。

特に海上タクシーがおススメです。

また訪れたい場所になったし、こういう静かな場所でのんびり過ごしたいものです。

次は、冬に舟屋にゆっくり宿泊して伊根のブリしゃぶコースといきたいですね。
関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

ナマコ丼とか、相変わらず変わったもん好きやな。

さんちぇさん、こんにちは。

今回、干ナマコは食べてないですよ。

まぁ、食べてみたいですけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/520-51bdae35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ