FC2ブログ

四国一周旅行⑩ 焼豚玉子飯 重松飯店~道後温泉


今治小松道を通って、今治市にやってきました。

DSC_3821_convert_20160728024702.jpg
昼食は今治市にある「重松飯店」さん。

行列が出来るとの噂なので、開店少し前に到着。

朝からうどんを2杯食べたので、お腹は空いていないのですが、
無理やり食べます(笑)

DSC_3813_convert_20160728024415.jpg
店内はカウンター・テーブル・座敷があります。

続々とお客さんが入って来て、すぐ満席になりました。

DSC_3815_convert_20160728024559.jpg
昔からある町の中華屋さんって雰囲気で、メニューも豊富です。

DSC_3816_convert_20160728024618.jpg

DSC_3814_convert_20160728024541.jpg
食べるのは、やはりこれ今治B級グルメ「焼豚玉子飯

観光客は、みんなこれを注文しています。

有料で、ネギとマヨネーズがトッピング出来るみたいです。

DSC_3818_convert_20160728024637.jpg
焼豚玉子飯(中)にネギをトッピング。

玉子の白身は焼けていますが、黄身は半熟よりも生に近いのが良いですね。

焼豚は、バラとモモの両方味わえます。

30年以上継ぎ足したという秘伝のタレは、甘い。

焼豚と半熟玉子の組み合わせ、美味しいに決まってます。

育ち盛りの男子は絶対好きな味でしょう。


お腹を満たした後は、国道317号線を走り、松山・道後方面へ。

DSC_3822_convert_20160728024723.jpg
道後のシンボル、道後温泉本館にやってきました。

明治から昭和にかけて増改築された本館は、国の重要文化財にして、現役の大衆浴場。

DSC_3825_convert_20160728024937.jpg
写真撮影の定番スポット、本館西正面入り口。

レトロ情緒溢れて良い雰囲気。

DSC_3844_convert_20160728024959.jpg
館内は基本写真撮影禁止。

初心者には分かりにくい?システムで入浴のコースは4コースあります。

コースによって利用出来る施設やサービスが変わってくるので、
入浴前にコースの内容を理解した方がよさそうです。

利用したのは一番安いコース(笑)

「神の湯」に入浴するだけのシンプルなコースです。

「神の湯」は昔ながらの公衆浴場で、レトロな雰囲気は良いのですが、
メジャーな温泉なので人が多すぎる。

仕方ありませんが、温泉は、やっぱり人が少ない方がいいですね。

個人的には鄙びた温泉に、貸し切り状態で入るのが最高ですな。

高級なコースになると、もう一つの「霊の湯」に入浴出来たり、
貸し浴衣・御茶菓子・個室での休憩などのサービスもあります。

道後温泉本館

DSC_3838_convert_20160728024831.jpg
一番安いコースでも、「坊ちゃんの間」と「展示室」の見学は出来ます。

DSC_3840_convert_20160728024849.jpg
神の湯二階席は大広間になっています。

DSC_3832_convert_20160728024808.jpg
「坊ちゃんの間」

夏目漱石が足繁く通っていたことにちなんで、個室の一つを「坊ちゃんの間」とし、
漱石ゆかりの資料などを展示しています。

DSC_3837_convert_20160728024907.jpg
「坊ちゃんの間」の縁側から。

DSC_3841_convert_20160728025017.jpg

関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/416-9ae053d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ