高山・奥飛騨旅行③ 匠の宿 深山桜庵(館内・温泉)


奥飛騨の山懐に佇む宿「匠の宿 深山桜庵」に到着。

娯楽施設は宿の周辺にはないので、のんびりと宿の温泉でくつろぐ予定。

DSC02676_convert_20160229224620.jpg
「深山桜庵」は私のお気に入り、共立メンテナンスの「癒しの湯宿」シリーズです。

DSC_3062_convert_20160229224401.jpg
翌朝チェックアウトした後の写真です。

この日のほうが青空も見えて天気が良かった。

DSC_3061_convert_20160229224345.jpg
これも翌日の写真。

DSC02679_convert_20160229224653.jpg
予定通り、15時にチェックイン。

DSC02680_convert_20160229224453.jpg
木のぬくもりを感じられる館内。

早々とチェックインする旅行客が多く、ちょっと混雑しています。

やはり、最近は某外国人観光客が多いみたいです。

DSC02681_convert_20160229224751.jpg
お茶菓子でも頂いて、待ちますか。

DSC_3060_convert_20160229224320.jpg
浴衣は自由に好きなのを選べます。

私は、部屋に置いてある作務衣の方が楽なので、浴衣は着ません。

写真を撮り忘れましたが、深山桜庵オリジナルの作務衣が
期間限定(5000円)で販売されていました。

着心地がよかったので、自分用に買おうかと思いましたが、
ちょっと高いかなと思ってしまったので買いませんでした。

後でネットで調べてみると、高品質の作務衣は1万円以上するし、
オリジナルの作務衣、買っておけばよかったと、ちょっと後悔。

DSC02689_convert_20160229225646.jpg
ホテルスタイルの旅館なので、自分で荷物を持って部屋に向かいます。

もちろん声を掛ければ荷物も持ってくれますし、親切に応対してくれますが、
仲居さんはつかないので館内の説明を聞いた後、基本自分で部屋まで行きます。

至れり尽くせりのサービスを求める人は、
「プライベートな時間と空間を大切にしたいと考えています」と言う宿の
コンセプトに合わないと思うので泊まらない方がいいでしょう、笑。

私は、仲居さん的なサービスがあると変に気を使ってしまうので、
自分で荷物を運ぶ方が気が楽です。

部屋に入って来られるのも気を使うので、ホテルと旅館の良いとこどりの
このシステムがお気に入り。

DSC02683_convert_20160301021746.jpg
飛騨家具が使用されたモダンな和洋室(マッサージチェア付き)

DSC02701_convert_20160229224935.jpg
寝室は和ベッド(寝室にもテレビあり)

DSC02695_convert_20160229224909.jpg
人が少ないうちに大浴場へ。

人が多すぎる浴場は、ゆっくりくつろげないので嫌いなんです。

DSC_2981_convert_20160229225549.jpg
内風呂は広くて、檜の香りが良いですね。

寝湯や深湯もあって楽しめます。

やっぱり、冬の温泉は最高ですね。

DSC_2982_convert_20160229225618.jpg
雪がないのはちょっと残念ですが、開放感抜群の大浴場露天風呂。

ほんのり褐色系のにごり湯です。

桶湯もあります。

DSC_2985_convert_20160229224536.jpg
貸切内風呂(空いていたらいつでも入れます)

DSC02691_convert_20160229225707.jpg
貸切露天風呂(フロントで鍵を借りて入ります)

しんしんと降る雪の露天風呂で一面の銀世界を望みながら「雪見酒」
なんて思っていたのですが・・・残念。

大浴場、貸切風呂とも全て源泉かけ流しだそうです。

夕食までに4カ所の温泉に入りました。

夏だと、長湯できませんが、冬だと何回入っても気持ちいいですね。

DSC02687_convert_20160229224844.jpg
無料の湯上りドリンク。

湯上りビールも良いですが、一気に飲む牛乳もうまいんだな、これが。


平湯 匠の宿 深山桜庵
関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

奥飛騨は最高やね!

hirosanさん、こんにちは。

はよ、宝くじ当てて、泉質の素晴らしい平湯温泉に別荘建ててください。

泊まりがけで遊びに行きますから(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/383-d1a51657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ