高山・奥飛騨旅行② 飛騨琢磨 飛騨牛朴葉味噌御膳


高山駅に着いて、早速観光と行きたいところですが・・・
今日は早めにチェックインして、明るいうちに旅館の温泉を楽しみたいのです。

宿泊する旅館は奥飛騨温泉郷の中の一つ、平湯温泉にあります。

高山駅前から平湯温泉まで、バスで約1時間。

1時間20分後の、13:40発のバスに乗りたいので高山観光は翌日にして、
駅近の店で昼食を食べる事にします。

飛騨高山に来たら、やっぱり飛騨牛ですよね。

DSC02648_convert_20160229021449.jpg
駅から徒歩3分くらい、「飛騨琢磨」にやってきました。

DSC02652_convert_20160229021600.jpg
店内は明るく綺麗な和の雰囲気です。

カウンターにテーブル、奥には座敷もあります。

DSC02657_convert_20160229021658.jpg
さすが高級な飛騨牛、良い値段しますね。

DSC02646_convert_20160229021429.jpg
単品メニューとかは高いので、平日お昼のサービスランチメニューを。

DSC02649_convert_20160229021506.jpg
とりあえず、地ビール(飛騨ビール穂高)を注文。

ドイツのケルン地方発祥の淡い黄金色のビールだそうです。

本日、2杯目ですが、さっぱりとして、うまい!

DSC02654_convert_20160229021623.jpg
ランチメニューから選んだのは、「特選飛騨牛朴葉味噌御膳」
小鉢(豆腐)ご飯・味噌汁・香の物付(2400円)

DSC02650_convert_20160229021535.jpg

DSC02653_convert_20160229021639.jpg
焼けると、味噌の食欲をそそる香ばしい匂いがしてきました。

ご飯がすすむ味で、味噌だけでも、ご飯のおかずになります。

飛騨牛専門店 飛騨琢磨

DSC02660_convert_20160229021901.jpg
高山駅前に戻り、バスの切符を購入。

切符購入後は、上の写真のように行列なんて出来ていませんでしたが・・・

バスの発車まで時間の余裕があったので、近くの土産物屋などをうろついて
出発10分前に戻ってみると、バス乗り場には凄い行列が出来ていました。

慌てて列に並びますが、更に行列はのびるのびる。

辛うじてバスに乗れましたが、あと3人後だったら乗れないところでした。

乗れなかった人は、次の便(一時間後)まで待ったのかな?

臨時便が出たのか、その後どうなったのか、ちょっと気になります。

乗ったバスも満員で、途中の停留所で乗ってきたらどうするんやろう??って
思っていたら、途中乗車のお客さんは助手席に座っていました。

後の席だと、途中下車するの大変そう。

平日だから油断してたけど、高山は観光客多すぎるやろ。

まぁ日本人より、外国人観光客の方が多いですけど・・・

最近はどこの観光地もそうなのかなぁ。

DSC02666_convert_20160229021731.jpg
平湯温泉が近づいてくると、残雪は見られますが、雪は降っていません。

DSC02667_convert_20160229021750.jpg
アルプス街道平湯(平湯温泉バスターミナル)に到着。

DSC_2977_convert_20160229021347.jpg

DSC_2978_convert_20160229021407.jpg
旅館に連絡すれば、送迎もしてくれますが、歩いて10分もかからないので、
平湯温泉街を散策しながら旅館に向かいます。

DSC02672_convert_20160229021809.jpg

DSC02673_convert_20160229021827.jpg
平湯温泉名物?つるや商店の「はんたい玉子(50円)」

黄身がかたくて白身がやわらかい温泉玉子です。
関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

おお、とっても美味しそうですねえ(^_^)
旅行先の観光も楽しいしご飯もおいしいもの食べると
幸せですよね。
観るもの全部新しかったです♪

こんにちは。

飛騨ビールに飛騨牛!
そそられます!
味噌がとてもイイ感じでおいしそうです~。

ジャムさん、こんばんは。

旅先で、美味しいご飯や新しい発見があると、
確かに幸せですね。
テンションもあがりますしね。

イノキボンバイエさん、こんばんは。

焼けてきた味噌が更に食欲をそそりますね。
飛騨ビールもうまかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/382-20a50e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ