FC2ブログ

熊野新宮名物 めはり寿司 総本家めはりや


新宮駅前から、昔住んでいた「緑ヶ丘」方面へ歩きます。

35年以上前に住んでいた、親父の会社の社宅を発見。

まだ建物があることにビックリですが、老築化が激しいので写真はボツにします、笑。

その社宅近くに「総本家めはりや」があります。

DSC02347_convert_20150920173004.jpg
あまり目立たない昭和を感じる外観です。

DSC02346_convert_20150920172939.jpg
めはりやの由来が書いてありますが、所々字が薄くなっています。

一にめはり、二にさんまの文字が見えます。

11009111_801626673285011_1385095290493294848_n_convert_20150923210832.jpg

DSC_2170_convert_20150920173057.jpg
めはり漬けの販売もしているので、自宅で「めはり寿司」を作ることも出来ます。

DSC_2173_convert_20150920173117.jpg
テイクアウトで購入(4個入り560円)

こちらの店では、注文してから握ってくれるので、少々待ちますが
作りたての温かい「めはり寿司」を食べる事ができます。

DSC_2174_convert_20150920173134.jpg
めはり寿司は、地元産の高菜漬けに、あたたかいご飯を包んだ郷土料理です。

さんま寿司は昔から好きだったのですが、
めはり寿司は子供の頃、好きではありませんでした。

子供の頃、嫌いだった高菜ですが、大人になって食べられるようになったので、
今回、30年ぶりくらいに、めはり寿司を食べてみましたが、
味覚は変わるもので、嫌いだった、めはり寿司が美味しく感じました。

DSC_2175_convert_20150920173155.jpg
昔ながらの素朴な味ですが、秘伝の醤油タレ?が浸み込んで美味しいです。

この店の「めはり寿司」は、中にも細かく刻んだ高菜の茎が入っているのが特徴です。

酢飯の店もありますが普通のご飯なので、寿司と言うより
おにぎりって感じですね。

さっき、さんま寿司を食べたばかりなので、めはり寿司を2個食べたところで、
お腹いっぱいになってしまいました。

残りは家に帰ってから。

その後、歩いて浮島の森へ。

DSC_2167_convert_20150920172835.jpg
浮島伝説の「おいの」像と碑。

DSC_2168_convert_20150920172902.jpg
「浮島の森」は、植物群落の島全体が沼の中に浮いている、国の天然記念物です。

新宮市街地の中にあるのが、びっくりですね。

中の遊歩道を歩こうかと思いましたが、電車の時間の都合で止めました。

「総本家めはりや」さんは、和歌山市にも店舗がオープンしたみたいで、
新宮市に行かなくても、和歌山市で食べる事が出来ます。

熊野新宮名物 めはり寿司 総本家めはりや
関連記事

| 47食の旅地図ホーム |

コメント

こんばんは

めはり寿司、私も大好きです。
お店によって味もそれぞれみたいですが
そんなにハズレには当たらないであろう
と思ってます。
さんま寿司は・・・過去に一度食べましたが
ちょっと自分的にはビミョウでしたね 笑

新宮方面に走ったときには
この「めはりや」さん、訪ねてみたいです!

おがーちんさん、こんにちは。

確かにお店によって味は違うみたいですが、
ここの、めはり寿司美味しくて気に入りました。

さんま寿司は、さんまの塩焼きとは全く別物ですよね。

私は昔から普通に食べていたので何とも思いませんが、
さんま寿司のさんまは脂が乗っていないし、皮もかたいし
びっくりする人もいると思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://stay55.blog.fc2.com/tb.php/356-2d7155f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ