47食の旅地図 >> 2017年05月07日に投稿されたエントリー一覧

宮崎旅行② 古里の味 郷土料理 吉野鶏めし(大分吉野)


P1030428_convert_20170503230817.jpg
定刻通り大分港に到着。

フェリーでは朝食もパスしたので、お腹が空きました。

宮崎県へ向かう前に、ちょっと寄り道して、朝食用のおにぎりを買いに行きます。

P1030440_convert_20170503231928.jpg
やってきたのは、吉野鶏めし保存会の調理場。

美味しんぼにも掲載された、吉野鶏めしを買うために来ました。

周りは長閑な田園風景が広がります。

P1030438_convert_20170503232106.jpg
到着したのは朝の8:30。

ホームページでは営業時間の事は特に記載がなく、
食べログを見ると、朝は9時からの営業となっています。

P1030436_convert_20170504013228.jpg
ドアが開いているので中を覗いてみましたが、近くには誰もいない。

やっぱり9時まで待たないとダメかな~と思いつつ、

P1030430_convert_20170503231630.jpg
インターホンがあったので、押してみると店員さん(調理している人?)が出てきてくれて、
普通に購入することが出来ました。

車に戻って、一口味見してみると、何これ?

めっちゃ旨い。

思わず店に戻って、翌日の朝食分も、追加購入しました。

P1030444_convert_20170503231014.jpg
臼杵ICから東九州自動車道を走って、初の宮崎県に突入。

P1030447_convert_20170503231238.jpg
「道の駅 北川はゆま」で、休憩&朝食。

P1030449_convert_20170503232249.jpg
吉野鶏めし(3個入り)

あらためて実食。

P1030446_convert_20170503232529.jpg
タクアンと梅干が付きます。

歯ごたえのある少々硬めの鶏肉は地鶏か親鳥?

鶏肉とゴボウだけというシンプルな具材ですが、たっぷり入っています。

味はしっかり濃い目で、鶏肉の脂もあってジューシーな味わい。

他におかずが要らないくらい美味しくて、普通の鶏の炊き込みご飯が
食べられなくなりそう、笑。

昔懐かしい田舎を感じさせる「吉野鶏めし」

これこそ、守られるべき郷土の味わいですね。


サイズも大きくて、ごろんとした吉野鶏めしは、一個あたり約108円。

大分県内では、あちこちで売っているみたいですね。

コンビニのおにぎりより、断然お得だと思うので、「吉野鶏めし」ぜひ買いましょう。

と思ったら、売っている場所で値段が違うみたいですね。

調理場で買うのが一番安いのかな?

絶賛しすぎかも知れませんが、個人的には、最強の鶏めしになりました。


このブログを書いていたら、また食べたくなってきた、笑。

物産展情報を調べてみると、5月は京都と神戸だけで、ちょっと遠いなぁ。

クール便で送料が少々ネックですが、物産展に行っても交通費は掛かるので、
ネットでポチッとな。

2017-05-07-00-35-56_convert_20170507011216.jpg
冷凍の、吉野鶏めしおにぎりを、さっそく食べてみた。

美味しかったけど、やっぱり大分に行って青空の下で、
出来立てを食べるのが一番美味しく感じるかな?

明日は、ご飯を炊いて、吉野鶏めしの素を使って鶏めしを作ってみよう。

| 47食の旅地図ホーム |

▲TOPへ