47食の旅地図 >> カテゴリ:愛媛

四国一周旅行⑬ 下灘駅~宇和島じゃこ天食べ歩き


旅四日目の朝。

この日も朝食無しのプランで、松山市内から西へと車を走らせます。

道の駅が併設されている、ふたみシーサイド公園で休憩。

DSC_3881_convert_20160814143044.jpg
夕やけこやけのモニュメント。

夕日の名所で、恋人の聖地にも認定されているそうです。

出たっ、また恋人の聖地や、笑。

DSC_3884_convert_20160814143101.jpg
この日、最初の目的地、「下灘駅」にやってきました。

ドラマや映画のロケ地、青春18きっぷのポスターに何度も使われるなど有名な駅です。

ここで、駅のホームで電車待ちをしていた老夫婦が話しかけてこられました。

私の車のナンバーを見て大阪の人だと思ったらしく、声をかけてくれたみたいで、
話をしてみると同じ町に住んでいるみたい。

他に誰もいないこの場所で、ご近所さんと会うなんて、ビックリ。

DSC_3883_convert_20160814143132.jpg
暫く談笑していると電車が到着。

老夫婦はこの電車に乗って行かれました。

お気をつけて~

DSC_3889_convert_20160814143115.jpg
ホームの目の前は海。

実際は駅と海との間に道路がありますが、素晴らしい景色なのは間違いない。

特に何も無いシンプルなホームだからこそ、絵になるような気がします。

一度は降りてみたい駅と言うのも納得ですね。

DSC_3895_convert_20160814143153.jpg
最初は曇りでしたが、青空も少し出てきて良かった。

次は、夕日の時間帯に行きたいですね。

DSC_3904_convert_20160814143308.jpg
じゃこ天を求めて、宇和島へ。

じゃこ天は南予地方の代表的な郷土料理で、
ほたるじゃこなどの小魚を、骨ごと皮付きのまますり身にして、油で揚げたものです。

愛媛県を南下して、宇和島市にある「道の駅みなとオアシスうわじまきさいや市場」に到着。

地元の魚や野菜が揃う特産品センターがあり、平日にもかかわらず賑わっていました。

DSC_3898_convert_20160814143211.jpg
道の駅内にある、「河内屋蒲鉾」さん。

宇和島では「じゃこ天」を製造販売する店がたくさんありますが、
出来立てを食べられるのは、午前中の早い時間帯だけの店が多いみたいです。

「河内屋蒲鉾きさいや広場店」さんでは、営業中はいつでも揚げたてを食べられるみたいなので、
こちらの店を選びました。

DSC_3900_convert_20160814143231.jpg
目当ての品は、揚げたてアツアツのじゃこ天。

せっかくなので、揚げたてを食べたいですよね。

DSC_3901_convert_20160814143252.jpg
骨を感じるジャリジャリとした魚感があって、やっぱり揚げたては美味しいですね。

じゃこカツも食べたかったけど、残念ながら販売していませんでした。

DSC_3913_convert_20160814143358.jpg
続いて、同じ宇和島市内にある「田中蒲鉾本店」さんへ。

DSC_3906_convert_20160814143322.jpg
タイミングよく、手押しじゃこ天の実演中でした。

毎日じゃないみたいなので、ラッキー。

DSC_3907_convert_20160814143338.jpg
実演中の写真も撮らせてもらいました。

DSC_3910_convert_20160814144407.jpg
当然、揚げたてのじゃこ天を頂きます。

袋まで熱すぎて、よい写真を撮れず...

魚本来の味も感じられるので、魚好きの私にとっては好きな味です。

逆に魚嫌いの人は苦手な味かも知れません。

DSC_3912_convert_20160814143411.jpg
笑顔で親切丁寧な接客も好印象で、宇和島に行ったら、また寄りたいお店です。

最後に持ち帰りで「じゃこ天」を数種類購入。

ちょっとした、おやつやおつまみにもピッタリです。


四国一周旅行⑫ 郷土料理 五志喜 鯛そうめん


道後温泉から松山市の中心部にやってきました。

DSC_3878_convert_20160805231254.jpg
旅3日目の宿は、毎度お馴染みの・・・ドーミーではなくて、松山ニューグランドホテル。

街中にあるホテルですが、天然温泉があります。

大浴場は36℃の源泉と41℃の沸かし湯があり、交互浴が気持ちいい。

源泉は100%かけ流し、アルカリ性単純泉で肌がツルツルに。

DSC_3862_convert_20160805231434.jpg
ホテルから徒歩3分。

風情のある佇まい「郷土料理 五志喜」さんで夕食。

鯛そうめんが有名なお店で、素麺の販売もしています。

DSC_3863_convert_20160805231449.jpg
愛媛県ならではの料理や一品メニューも充実、地酒も豊富です。

DSC_3865_convert_20160805231506.jpg

DSC_3873_convert_20160805231344.jpg
道後地ビール アルト

道後温泉で我慢した地ビールを。

カラメル麦芽を使用しているからか、ほんのり甘い。

DSC_3868_convert_20160805232747.jpg
釜揚げちりめんサラダ~自家製みかんドレッシング~

DSC_3877_convert_20160808103220.jpg
伊予和牛~おろしポン酢仕立て~

DSC_3870_convert_20160805231402.jpg
名物の鯛そうめん(冷)

写真を撮るなら鯛の姿身の方が良いに決まっていますが、食べやすさを重視して切身にしました。

食べにくいの大嫌い、小骨を取りながら食べるのめんどくさい、笑。

「お前は、子供かっ」て言われそうですが(^_^;)

こだわりの天然小鯛を使っているそうで、小鯛の煮付け旨かった。

ご飯にも合いそうで、ご飯と小鯛の煮付けを追加注文したいくらいでした。

鯛の煮汁をベースにした汁で頂く、そうめんも美味しかった。

DSC_3867_convert_20160805231418.jpg
旬のみかんビア

旬のみかんジュースとビールの組み合わせ。

後味さっぱりで飲みやすい。

他に、「みかんワイン」「みかんハイボール」もありました。

DSC_3874_convert_20160805231328.jpg
宇和島鯛めし

南予地方の郷土料理で、鯛の刺身を生卵と薬味を溶いた
醤油ベースのタレに絡ませ、ご飯にかけて食べます。

DSC_3875_convert_20160805231313.jpg
こちらの店では、生卵の代わりに山芋を使っているみたいですね。

南予風の鯛めしは好きな食べ物なので、美味しかったのですが、
個人的には、生卵入りの方が好きかな。

ちょっと気になった「みかん寿司」テイクアウトして、翌朝に食べようと思いましたが、
持ち帰りは出来ないそうです。

残念。

四国一周旅行⑪ 芋屋金次郎 道後店 ゆあがりけんぴ


道後温泉本館の湯は熱めだったので、喉が渇きました。

本館の向かいに「道後麦酒館」があるので、湯上りビール!といきたいところですが、
車の運転があるので夜まで我慢。

DSC_3842_convert_20160731035820.jpg
「道後坊ちゃん広場」にやってきました。

「みかんの木 坊ちゃん広場店」で、ミカンジュースを。

DSC_3843_convert_20160731035835.jpg
風呂上りのドリンクは最高ですね。

DSC_3853_convert_20160731040059.jpg
その後は、道後温泉本館から道後温泉駅まで続く「道後ハイカラ通り」をブラブラ。

食事処や土産物屋、カフェなどが並ぶ商店街です。

DSC_3848_convert_20160731035854.jpg

DSC_3850_convert_20160731035913.jpg
道後温泉駅坊ちゃん列車

引き込み線に待機中で、実際この列車が走っています。

DSC_3854_convert_20160731040026.jpg
道後温泉駅近くにある「坊ちゃんカラクリ時計

時計の針は14時45分

一時間ごとに動くみたいなので、15時に戻ってくると...

DSC_3858_convert_20160731040043.jpg
音楽に合わせて、坊ちゃんやマドンナが踊りだしました。

DSC_3855_convert_20160731040009.jpg
湯釜から溢れる湯が楽しめる足湯もありますが、雨のため誰もいません。

DSC_3859_convert_20160731035930.jpg
ハイカラ通りで気になった店が、こちらのお店。

「芋屋金次郎?」

中を覗いてみると、芋けんぴの店みたいですが、めっちゃオシャレな店じゃないですか(失礼)

「芋けんぴ」は高知県が有名なので、高知で買おうと思っていましたが、
高知県に本店がある店の支店みたいですね。

DSC_3860_convert_20160731035945.jpg
道後店限定の「ゆあがりけんぴ

製造より12時間以内とのこと。

試食があったので、食べてみましたが、めちゃうま。

芋けんぴは硬いイメージしかなかったのですが、揚げたてなので
思ったよりもやわらかくて風味が良いですね。

思わず買っちゃいました。

DSC_4038_convert_20160731040132.jpg
翌日、高知県の土産物屋でも芋けんぴ購入。

土産物屋の店員さんに聞くと、
一番人気は「芋屋金次郎」さんで二番人気は「水車亭」さんとのこと。

言われるがまま、両方買ってしまいました、笑。

DSC02806_convert_20160731040200.jpg
「芋屋金次郎」さんのチョコけんぴ

個人的には、やっぱり「ゆあがりけんぴ」が最強。

芋舗 芋屋金次郎

四国一周旅行⑩ 焼豚玉子飯 重松飯店~道後温泉


今治小松道を通って、今治市にやってきました。

DSC_3821_convert_20160728024702.jpg
昼食は今治市にある「重松飯店」さん。

行列が出来るとの噂なので、開店少し前に到着。

朝からうどんを2杯食べたので、お腹は空いていないのですが、
無理やり食べます(笑)

DSC_3813_convert_20160728024415.jpg
店内はカウンター・テーブル・座敷があります。

続々とお客さんが入って来て、すぐ満席になりました。

DSC_3815_convert_20160728024559.jpg
昔からある町の中華屋さんって雰囲気で、メニューも豊富です。

DSC_3816_convert_20160728024618.jpg

DSC_3814_convert_20160728024541.jpg
食べるのは、やはりこれ今治B級グルメ「焼豚玉子飯

観光客は、みんなこれを注文しています。

有料で、ネギとマヨネーズがトッピング出来るみたいです。

DSC_3818_convert_20160728024637.jpg
焼豚玉子飯(中)にネギをトッピング。

玉子の白身は焼けていますが、黄身は半熟よりも生に近いのが良いですね。

焼豚は、バラとモモの両方味わえます。

30年以上継ぎ足したという秘伝のタレは、甘い。

焼豚と半熟玉子の組み合わせ、美味しいに決まってます。

育ち盛りの男子は絶対好きな味でしょう。


お腹を満たした後は、国道317号線を走り、松山・道後方面へ。

DSC_3822_convert_20160728024723.jpg
道後のシンボル、道後温泉本館にやってきました。

明治から昭和にかけて増改築された本館は、国の重要文化財にして、現役の大衆浴場。

DSC_3825_convert_20160728024937.jpg
写真撮影の定番スポット、本館西正面入り口。

レトロ情緒溢れて良い雰囲気。

DSC_3844_convert_20160728024959.jpg
館内は基本写真撮影禁止。

初心者には分かりにくい?システムで入浴のコースは4コースあります。

コースによって利用出来る施設やサービスが変わってくるので、
入浴前にコースの内容を理解した方がよさそうです。

利用したのは一番安いコース(笑)

「神の湯」に入浴するだけのシンプルなコースです。

「神の湯」は昔ながらの公衆浴場で、レトロな雰囲気は良いのですが、
メジャーな温泉なので人が多すぎる。

仕方ありませんが、温泉は、やっぱり人が少ない方がいいですね。

個人的には鄙びた温泉に、貸し切り状態で入るのが最高ですな。

高級なコースになると、もう一つの「霊の湯」に入浴出来たり、
貸し浴衣・御茶菓子・個室での休憩などのサービスもあります。

道後温泉本館

DSC_3838_convert_20160728024831.jpg
一番安いコースでも、「坊ちゃんの間」と「展示室」の見学は出来ます。

DSC_3840_convert_20160728024849.jpg
神の湯二階席は大広間になっています。

DSC_3832_convert_20160728024808.jpg
「坊ちゃんの間」

夏目漱石が足繁く通っていたことにちなんで、個室の一つを「坊ちゃんの間」とし、
漱石ゆかりの資料などを展示しています。

DSC_3837_convert_20160728024907.jpg
「坊ちゃんの間」の縁側から。

DSC_3841_convert_20160728025017.jpg

| 47食の旅地図ホーム |

▲TOPへ