47食の旅地図 >> カテゴリ:福岡

元旦、博多日帰り旅行④ 博多土産


それでは旅の最後に恒例の?美味しかった食べ物の紹介。

P1030166_convert_20170215015359.jpg
「チョコレートショップ博多の石畳」さん。

P1030164_convert_20170215015428.jpg
店名にもなっている「博多の石畳」が人気ナンバーワン商品みたいですね。

2017-01-08-00-35-00_convert_20170215014206.jpg
チーズの石畳博多の石畳

中は、チョコスポンジ・チョコムース・生クリームなどが層になっています。

チョコケーキ好きには間違いない味でしょう。

チーズの石畳も美味しかったし、他の石畳商品も食べてみたい。

P1030168_convert_20170215015413.jpg
これだけ買って帰る予定でしたが、レジに向かう途中で「ひとくち石畳」の試食をどうぞと。

2017-01-08-00-37-36_convert_20170215014106.jpg
これが美味しかったので、思わず買ってしまいました。

店の戦略?にハマってるな、笑。

P1030150_convert_20170215014445.jpg
「シロヤパン いっぴん通り店」さん。

P1030148_convert_20170215014419.jpg
北九州にある、人気のパン屋さんみたいです。

看板商品を買ってみよう。

2017-01-08-00-34-00_convert_20170215014134.jpg
フワとろオムレット

小さいサイズとは言え、5個で200円(税込)とは安い。

2017-01-08-00-35-23_convert_20170215014350.jpg
とろ~りしたたる練乳サニーパン

写真ではどんなパンか分かりませんが、見た目は普通のロールパンです。

ややかための食感で、中にたっぷりの練乳が入っています。


オムレットもサニーパンも、どこか昭和を感じる懐かしい味。

個人的には、昔からあるような、こういうシンプルなパンが好きですね。

P1030152_convert_20170215015018.jpg
「味の明太子 ふくや」さん。

博多と言えば、やはり辛子明太子は外せません。

博多駅周辺にはたくさんの明太子屋さんがあり、試食もしてみましたが、
私の舌では、イマイチ味の違いがわからない。

辛すぎるのは少し苦手なので、辛くない商品も売っている「ふくや」さんへ。

2017-01-08-00-37-07_convert_20170215014223.jpg
ふくやさんの辛子明太子(無着色マイルド)

ご飯がすすむわ。

2017-02-13-20-35-14_convert_20170215014033.jpg
博多めんたいこんにゃく 赤い恋人

最後に変わり種商品を。

赤い恋人と言うネーミングから、シャレのお土産品と思いきや、意外と美味しかった。

辛子明太子を練り込んだコンニャクで、生でも焼いてもイケます。

元旦、博多日帰り旅行③ 萬坊の「いかしゅうまい」 


元旦なので、大宰府まで初詣に行こうとも考えましたが、
九州一とも言われる人気初詣スポットの太宰府天満宮は、予想以上に混雑するらしい。

なので諦めて、博多駅から徒歩15分で行ける櫛田神社に行くことにします。

と、その前に、駅ビル屋上にある屋上庭園「つばめの杜ひろば」に行ってみます。

P1030042_convert_20170213200908.jpg
まずは「鉄道神社」へ。

屋上にある小さな神社ですが、一~三の鳥居に、本鳥居、他にも沢山の鳥居があります。

P1030048_convert_20170213201340.jpg
九州鉄道建設の恩人、ヘルマン・ルムシュッテルの記念碑。

P1030052_convert_20170213201000.jpg
「縁結び七福童子」と言うオブジェ。

せんとくんに似ていて?あまりかわいくない、笑。

P1030046_convert_20170213200934.jpg
旅の安全を祈願しました。

P1030056_convert_20170213201401.jpg
水戸岡鋭治氏デザインのミニトレインも走っています。

P1030066_convert_20170213195936.jpg
展望テラスには花畑も。

P1030060_convert_20170213200044.jpg
展望テラスから、博多市街地を一望。

復旧していますが、去年11月起きた、博多駅前道路陥没事故の現場も見えました。


列車展望スペースもあるらしいのですが、行ったときは気づきませんでした。

知ってたら行ってたのに...ちょっと残念。

P1030092_convert_20170213214506.jpg
続いて、櫛田神社に向かいますが...んっ?何の行列?

行列は交差点を曲がった後ろまで、ずっと伸びてるし。

P1030098_convert_20170213214723.jpg
櫛田神社への参拝者の行列でした。

時刻は15時30分。

午前中より午後の方がマシかと思いましたが、考えが甘かった。

やっぱり、元旦の初詣は何処も凄い人なんですね。

参拝するのに1時間はかかりそうなので、諦めます。

鉄道神社で参拝したので、初詣したと言う事にします、笑。

大宰府に行かないで正解だったかも?

P1030122_convert_20170213215352.jpg
参拝は諦めましたが、境内に入ってみました。

P1030104_convert_20170213214805.jpg

P1030116_convert_20170213215049.jpg
櫛田の銀杏

大きな木で、秋には鮮やかな黄色に染まるのでしょう。

P1030114_convert_20170213214957.jpg
間近で見る山笠は、迫力満点。

P1030132_convert_20170213215447.jpg
「博多べい」と呼ばれる土塀。

P1030138_convert_20170213195044.jpg
夕食を博多で食べると、関空特急はるかの最終列車に間に合わなくなるので夕食は駅弁。

「呼子萬坊」さんJR博多シティ店にやって来ました。

博多名物とはちょっと違うのですが、呼子名物「いかしゅうまい」発祥の店、
「萬坊のいかしゅうまい」がとても美味しいのです。

P1030160_convert_20170213195101.jpg
萬坊さんの「いかしゅうまい」は、うちの親が唯一お取り寄せしている商品で、
私も大好物なので土産に買って帰ります。

DSC_0763_convert_20170213193904.jpg
上等いか三昧弁当

DSC_0766_convert_20170214151642.jpg
おかず17種類中、14種がイカです。

2017-01-07-18-57-07_convert_20170213193646.jpg
名物の、いかしゅうまいは揚げと蒸しの二種類が入っています。

駅弁って家で食べると、冷たいし、そんなに美味しく感じませんが、
列車の中で食べると、旅情がそうさせるのか美味しく感じます。

いか三昧弁当、最高。

DSC_0818_convert_20170213205442.jpg
いかまんじゅうも初めて買ってみました。

2017-02-13-20-32-37_convert_20170213205153.jpg
具がたっぷり。

DSC_0778_convert_20170213194404.jpg
人気ナンバーワン商品「呼子萬坊のいかしゅうまい」

2017-02-13-20-34-24_convert_20170213205126.jpg
「いかしゅうまい」

すり身と切り身のイカと玉葱に、ワンタンの皮をまぶしています。

肉シュウマイのようなジューシーさは無く、あっさりしていますが、
ふんわりした食感で、イカの旨味と甘味が広がります。

やっぱり美味しい。

たまにお取り寄せしたくなりますね。

ちなみに大阪では、大丸梅田店などで購入出来ます。

今度は呼子に行って、イカの活き造りも食べたいものです。

元旦、博多日帰り旅行② 博多もつ鍋 おおやま 


トンコツラーメンの後は、博多駅から博多南駅まで、博多南線に乗ってみました。

DSC_0753_convert_20170201211630.jpg
レールスターに乗って博多南駅へ。

博多南駅はJR西日本管轄の駅で最も西にある駅で、
「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2017」でも乗ることが出来ます。

博多南線とは、博多駅から南に約9kmの所にある車両基地(博多総合車両所)までの
回送線を旅客線化した路線だそうで、新幹線車両しか走っていないのに在来線扱いです。

博多南駅に行く目的は、博多総合車両所の新幹線の撮影。

博多駅から約10分、あっと言う間に博多南駅到着。

列車の窓から左手に車両基地が見えます。

ホームに降りて撮影しようと思いましたが...ここで問題発生。

ホームの向こう側に新幹線が並んでいるのですが、駅が単式片面ホーム(棒線駅)なので、
乗ってきた車両が停車したままで邪魔になって車両所の景色が見えません。

8両対応のホームに8両編成の列車が折り返し運転の時間まで停まっているので、
ホームの端まで行っても、車両所の写真が撮れない。

予定では写真だけ撮って、折り返しの列車で博多駅に戻る予定でしたが、
せっかく来たのに窓ガラス越しに撮った写真だけで、このまま引き返すのはちょっと...。

良い方法が思いつかないので、帰りの電車を一本遅くすることにします。

しかし、昼時なので電車は1時間に1本だけ。

1時間の空白が生まれたので、駅周辺をウロウロしましたが、
特に観光するスポットもなさそうで、駅前のビルもお休み。

それならばと、駅のホーム以外から車両所が見渡せる場所がないか調べてみましたが、
よくわかりませんでした(詳しく調べればあるかもしれませんが?)

P1030082_convert_20170201210429.jpg
ホームに停まっていた列車が出発してから、撮影タイム。

駅構内は博多総合車両所の一部となっています。

新幹線がズラッと一列に並んでいる、この写真が撮りたかったんですよ。

P1030086_convert_20170201210413.jpg
きれいに整列していますね。

P1030090_convert_20170201210353.jpg
撮影後、新幹線車両に乗り博多駅に戻ります。

この列車、博多駅に着くと「こだま」に変身するんですね。


遅い昼食は、もつ鍋

豚骨ラーメン同様に、もつ鍋も、関西に店舗の無いお店で食べたいところですが.....

予定していた「博多名物 もつ鍋 笑楽 博多駅店」に行ってみると大行列。

待ち時間は1時間以上なので、さすがに諦めます。

どうしても、もつ鍋が食べたかったのですが、
もつ鍋って二人前から注文のお店がほとんどですよね。

一人前OKで入りやすそうな「笑楽」さんしか考えていなかったので、どうしよう?

今さら詳しく調べるのも、めんどくさいので、

DSC_0751_convert_20170201205344.jpg
「博多 もつ鍋 おおやま カウンター KITTE博多店」さんにやってきました。

文字通りカウンターだけのお店なので、1人もつ鍋には最適なお店です。

一席に一台、IHヒーターが格納されているので、二人で行っても鍋は別々。

1人鍋専門店と言っても良いような気がします。

「おおやま」さんは大阪にも店舗があるので候補から外していたのですが、
大阪の店にも行ったことがないし、空席もあったので入ることにしました。

DSC_0741_convert_20170201205404.jpg
女性客多し。

たまたまでしょうが、写真に写っている客は全員女性。

しかも、半分以上が、おひとり様のよう。

DSC_0740_convert_20170201205328.jpg
ランチメニューのもつ鍋定食と、単品で二品注文。

2017-01-07-18-53-54_convert_20170201204500.jpg
とりあえず、ラーメン屋で我慢したビールから。

2017-01-07-18-54-47_convert_20170201204542.jpg
前菜二種盛り味玉(味玉は杏仁豆腐に変更可)
 
博多なので、前菜には明太子が出てきました。

2017-01-07-18-55-11_convert_20170201204606.jpg
別注の酢もつ

ビールとの相性抜群で、さっそくビールのおかわり。

2017-01-07-18-55-34_convert_20170201204625.jpg
別注、馬刺し盛り合わせ(赤身・タテガミ・霜降り)

2017-01-07-18-54-22_convert_20170201204522.jpg
もつは全く見えませんが、もつ鍋登場。

2017-01-07-18-55-54_convert_20170201204642.jpg
スープは人気ナンバーワンのみそにしました。

濃厚で美味しかったんだけど、もつのサイズが小さくて少ないと感じたのは気のせいでしょうか?

ランチメニューだから少なかったのかな?

2017-01-07-18-56-24_convert_20170201204700.jpg
ちゃんぽん麺(ご飯に変更可)

シメの、みそちゃんぽんが一番美味しかった。

ダシ(゚д゚)ウマー

ちょっと食べ過ぎかな(^^ゞ

元旦、博多日帰り旅行① 博多純情らーめん ShinShin 


元旦の話です。

正月が休みとは無縁の仕事をしているのですが、今年は、元旦と二日が休み。

今年は親戚とやらの集まりに参加しようかとも思いましたが、
そういうのは、めんどくさくてあまり好きじゃない。

みんなが、どうせ仕事だろうと思っている事を良いことに、「元旦・JR西日本乗り放題きっぷ」
を使って博多まで行ってきました(笑)


去年の夏頃から、電車の旅にハマりつつある私。

「青春18きっぷ」以外に何かお得な切符はないかな~と何気にネット検索していて、
たまたま見つけたのが「元旦・JR西日本乗り放題きっぷ」。

JR西日本全線と智頭急行・宮島フェリーが乗り放題で、
特急と新幹線も指定席が4回取れて、自由席なら乗り放題。

元旦の次の日も休みなので、使ってみるか?

大阪からだと、新大阪~金沢~上越妙高~金沢~新大阪~博多~新大阪も可能みたいですが、
さすがに、そこまでの乗り鉄にはなれません。

グルメと初詣を兼ねて、博多に行くことにしました。

P1030030_convert_20170129131916.jpg
+2000円でグリーン車用の切符もあり、そちらの方がお得らしいのですが、
その切符のせいで、普段空いているグリーン車が満席になるらしい...

それと、「のぞみ」は空いているけど、「さくら」「みずほ」は混んでいるらしい...

どうせなら、九州新幹線の「さくら」や「みずほ」に乗ってみたかったのですが、
事前に新幹線の空席を調べてみると、確かに空席が少ない。

隣が空席の方がゆったりできるので、「のぞみ」の指定席を取ることに。

DSC_0719_convert_20170129131210.jpg
りんくうタウン駅から関西空港駅へ。

DSC_0724_convert_20170129131859.jpg
飛行機嫌いなので、空港ターミナルに用はありません、笑。

P1030028_convert_20170129132120.jpg
「関空特急はるか」で新大阪へ。

途中の鳳駅付近で緊急停車。

「踏切内に人が侵入したため安全確認を行っています」とのアナウンス。

さすが阪和線!

朝からダイヤ乱れるとは。

特に急いでいる訳じゃないので、遅れても新幹線の指定席を振り替えてもらえば良いだけなのですが、
あまり遅れすぎると、食事の予定が狂いそう。

結局15分くらいの遅れで出発。

新大阪駅に着くと、遅れたおかげでタイミングよく乗車予定の「のぞみ」が到着。

新幹線は新大阪~東京間を数回乗っただけなので、初めての山陽新幹線は、とても新鮮な気分。

当たり前だけど、在来線と比べると、めっちゃ早い。

P1030034_convert_20170129131528.jpg
トンネルが多いので、あまり景色は楽しめませんが、徳山付近では工場地帯が見えました。

P1030038_convert_20170129131546.jpg
夜になると工場夜景が綺麗に見えるのでしょうか?

DSC_0735_convert_20170129131230.jpg
あっと言う間に「博多」に到着。

隣も前後も客が居なかったので楽ちん快適でした。

DSC_0734_convert_20170129132920.jpg
九州新幹線「つばめ」が停車していました。

乗り疲れてないし、別料金じゃなかったら「鹿児島中央」まで行きたかった、笑。


時刻は10時40分。

この日のグルメを楽しむため、前日の朝食を食べてからは何も食べていません。

早速、博多デイスト麺街道へ。

ほとんどの店が11時開店との情報だったのですが、
すでにどの店も営業していて、お客さんもいっぱい入っている。

これは元旦だからなのかな?

せっかく博多まで来たので、関西に無いラーメンを食べたいですよね?

数多くある博多ラーメンの店の中から選んだのは、

DSC_0739_convert_20170129131607.jpg
「博多純情らーめんShinShin」さん。

DSC_0736_convert_20170129131622.jpg
初めてなので、いつもなら原点の味である「博多ShinShinらーめん」注文する所ですが、
お腹も空いていたので、

2017-01-07-02-18-50_convert_20170129131116.jpg
全部のせらーめんを注文。

今まで食べたトンコツラーメンの中で、一番あっさりしているかも。

豚骨ラーメンにしてはサラッとしたスープで極細麺、食べやすくて女性向けだと思います。

トンコツの臭みも全くなく、(゚д゚)ウマー

食べ終えて店の外に出ると、行列が出来ていました。

| 47食の旅地図ホーム |

▲TOPへ