47食の旅地図 >> カテゴリ:香川

四国一周旅行⑨ 讃岐西端手打 上戸うどん


続いて、朝うどん二件目。

濃厚な釜バターうどんを食べた後では、すぐにお腹も空かないので、
高速を走らず、時間をかけて下道を走ることにします。

高松市街を抜けたら、スイスイ走れるのかと思いましたが、
丸亀付近も意外と混雑しているんですね。

DSC_3799_convert_20160721011926.jpg
香川県最西端の駅、「箕浦駅」に到着。

貨物のコンテナ?を改装した、かわいい駅舎でした。

DSC_3808_convert_20160721012119.jpg
箕浦駅のすぐそばにある「上戸うどん」さんにやってきました。

国道沿いに、でっかい看板なので、見落とす心配がありません。

「燧のいりこは日本一」の文字がありますが、この辺は、いりこの名産地だそうです。

目の前は瀬戸内海でロケーションも良いのですが、前日に続いて天気が悪い。

DSC_3798_convert_20160721011840.jpg
店の看板には、8時~ 定休日は日曜日となっていますが、
ホームページを見ると、現在は6時~ 定休日は木曜日みたいですね。

DSC_3806_convert_20160721012103.jpg
小さな店で、メニューもシンプル。

かけうどん・冷ぶっかけうどん・冷かけうどんの三種類。

よくあるセルフの店で、注文してうどんを受け取ります。

かけを注文した常連客は慣れた手つきで自分で麺を湯がいて、タンクのだしを注いでいました。

DSC_3803_convert_20160721012011.jpg
ネギと天かすは無料で、あとは好きなサイドメニューを選んでお会計。

こちらの天かすは青のり入りですね。

DSC_3805_convert_20160721012034.jpg
冷ぶっかけ(小)にゲソ天をトッピングしました。

ゲソ天、めっちゃでかい、笑。

レモンが添えられているのが、珍しいですね。

極太麺は弾力があり、やばいくらい、(゚д゚)ウマー

でも、よく考えてみると、こちらのお店の一番のウリは「いりこだし」でした。

外の看板にも「日本一」って書いてあったし。

何も考えず「冷ぶっかけ」を注文しましたが、
後から、いりこの風味を感じられる「かけうどん」も食べたくなりました。

冷ぶっかけも、めちゃめちゃ美味しかったのですが、それ以上の味なのかな?

これは再訪したいところです。

西端手打 上戸うどん

DSC_3810_convert_20160721012204.jpg
道の駅とよはまで休憩。

すぐ先は愛媛県です。

DSC_3809_convert_20160721012141.jpg
道の駅内には、寛永通寶のモニュメントがありました。

「黄金持ちの聖地」の文字が...笑。

「恋人の聖地」は聞き飽きたけど「黄金持ちの聖地」なんて初めて聞いたわw

今のところ、「黄金持ちの聖地」を訪れた効果はないので、琴弾公園にある
寛永通宝を模した巨大な銭型砂絵も、見に行かないと効果がないのかも?

DSC_3811_convert_20160721012218.jpg
愛媛県に入り、川之江ICから高速を走り、石鎚山SAで休憩。

四国一周旅行⑧ うどんバカ一代 釜バターうどん


旅行二日目の夜。

DSC_3783_convert_20160624125335.jpg
ドーミーインの定番と言えば、夜泣きそばと、もう一つは大浴場。

朝まで夜通しで利用出来るのが嬉しいですね。

DSC_3786_convert_20160624125350.jpg
小さいながら露天風呂もあり、朝風呂にも入りました。

朝食無しのプランで宿泊し、早いチェックアウト。

香川県に来たら、やっぱり朝からうどんを食べたい。

DSC_3788_convert_20160720010022.jpg
やってきたのは「手打十段 うどんバカ一代」さん。

この店が釜バターの発祥地なのかな?

朝6時から営業しています。

DSC_3791_convert_20160720010152.jpg
平日の6時過ぎなので、お客さんは少なく、ゆっくり食事出来そうです。

他のお客さんを見てみると、観光客は釜バターうどんを、
地元のお客さんは、釜バターうどん以外を注文している人が多そうな感じ。

DSC_3792_convert_20160720010254.jpg
メニューは豊富ですが、注文するものは決まっています。

天ぷら等のトッピングもしたいところですが、もう一軒ハシゴするので我慢。

DSC_3793_convert_20160720010359.jpg
名物の「釜バターうどん(小)」

生卵とバターに黒コショウ。

DSC_3794_convert_20160720010416.jpg
ネギ・天かす生姜は、無料でトッピング出来るのを忘れてました。

レジ横にあるので、セルフでトッピングして生卵を割ります。

DSC_3796_convert_20160720010430.jpg
だししょうゆをかけて混ぜたら、カルボナーラ風うどんの出来上がり。

朝の早くから、濃厚で美味しいうどん頂きました。

四国一周旅行⑦ 骨付鳥 一鶴 高松店


四国上陸後は、毎度お馴染み、ドーミーインホテルにチェックイン。

DSC_3787_convert_20160624125255.jpg
さぬきの湯 ドーミーイン高松

さっそく、夕食を食べに出かけます。

DSC_3779_convert_20160624164130.jpg
ホテルから徒歩5分、「骨付鶏」発祥店の「一鶴」さんへ。

外観も店内もスタイリッシュで清潔感があります。

大阪市内にも支店がありますが、旅行中に本場で食べる方が美味しく感じるはず(笑)

DSC_3769_convert_20160624163905.jpg
骨付きモモ肉を豪快に焼き上げた「骨付鶏」は香川県ではうどんに次ぐ名物かも。

DSC_3768_convert_20160624163843.jpg
サイドメニュー。

DSC_3771_convert_20160624163942.jpg
ドリンクメニュー

DSC_3773_convert_20160624163959.jpg
骨付鳥にビールは欠かせません。

席は全てテーブル席で、一階と二階で分煙されています。

DSC_3775_convert_20160624164017.jpg
「かわ酢」と「もつ煮付け」

かわ酢は親鶏を使用しているのかな?

めっちゃカリカリで歯ごたえがあり、甘めの味付けが良い感じ。

もつ煮付けは、臭みもなくコンニャクとの相性もバッチリです。

DSC_3770_convert_20160624163927.jpg
食べ方マニュアル。

DSC_3776_convert_20160624164036.jpg
焼きたてアツアツで、おやどり登場。

ざく切りキャベツが付きます。

旨味が混ざった鳥油をキャベツに付けて食べるのも美味しい。

DSC_3777_convert_20160624164056.jpg
おやどりは硬いのですが、切り込みが入っていて食べやすくなっています。

歯応えがあり、かみ締めるたびに香ばしい味が広がります。

スパイシーな味付けは、ビールとの相性もピッタリで最高ですな。

DSC_3778_convert_20160624164113.jpg
最後に「おむすび(スープ付)」を注文。

ちょっとギトギト感もありますが、おむすびも骨付鳥のタレにつけて食べると美味しいです。


香川県と言ったら、やはり讃岐うどんですよね。

早朝から営業している店は多くても、夜に営業している店は少なめです。

数少ない夜間営業している店が「手打ちうどん 鶴丸」さん。

ホテルの近くにあるし、カレーうどんが美味しいらしので、シメに食べようと思いましたが...

まさかの臨時休業(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

DSC_3781_convert_20160624164147.jpg
ホテルに戻り、気を取り直して、ドーミーイン名物の夜泣きそばを。

DSC_3782_convert_20160624164204.jpg
香川県だったら、夜泣きうどんの方が喜ばれるような気がしますが、
普通に美味しかったです。

四国一周旅行⑥ マルキン醤油記念館 しょうゆソフト


小豆島の定番スポット、「寒霞渓」は土砂降りの中行ったとしても、
景色は期待出来ないので、中止。

絶景は見たいのですが、「寒霞渓」付近は野生の猿が出没するらしく、
それがネックだったので、残念感はあまりありません。

野生の猿、大嫌い(笑)

さて、どこに行きましょう?

もう一つの定番スポット、「二十四の瞳映画村」も考えましたが、
映画にあまり興味がないので、醬油蔵を見学することに。

小豆島は400年以上の歴史を誇る醤油の産地です。

DSC_3734_convert_20160624124034.jpg
数ある醬油屋さんから選んだのはマルキン醬油記念館

選んだと言うか、「マルキン醬油」さんしか知らなかっただけ(笑)

大正時代に建てられた工場を改装したそうで、国の登録有形文化財に指定されています。

この辺は、たくさんの醬油工場があり、車から降りると、醬油の香ばしい匂いが漂ってきます。

この日は無料開放されていたのか、入館料は要りませんでした。

ちなみに有料(210円)の時は、醬油のお土産が貰えるみたいです。

DSC_3748_convert_20160624124240.jpg
しょうゆの醸造に使った大桶。

DSC_3737_convert_20160624124055.jpg
昭和を感じるレトロな看板。

DSC_3738_convert_20160624124115.jpg

DSC_3741_convert_20160624124344.jpg
2m以上もある大桶。

昔の醤油づくりの道具やパネルを展示し、製造法やマルキン醬油のあゆみなどを、
わかりやすく紹介しています。

DSC_3742_convert_20160624124135.jpg

DSC_3750_convert_20160624124322.jpg
もろみ搾り工場も無料で自由に見学出来ますが、撮影禁止。

DSC_3749_convert_20160624124301.jpg
併設されている物産館では、もちろん醤油関連のみやげも購入できます。

DSC_3747_convert_20160624124219.jpg
しょうゆソフトを食べてみました。

醬油がたっぷり入っているのかな?

色だけでなく、しょうゆの味が主張しています。

「キャラメル風味のしょうゆソフト」との情報もありましたが、私には醬油そのものの味に感じました。

近くには佃煮屋さんも多く、「佃煮ソフト」の看板もありました。

ネットで調べてみると、見た目普通のソフトクリームに、昆布の佃煮がトッピングされているみたいです。

ブログのネタ的には面白そうですが、ソフトクリームに佃煮トッピングって、どうよ(笑)

オリーブ・しょうゆと二つのソフトクリームも食べたし、佃煮はやっぱり白飯で食べたいですね。

あと「もろみソフト」なんてのもありました。

最近の、ご当地ソフト、何でもありかよ(笑)

DSC02822_convert_20160719235853.jpg
小豆島の素麺も土産に買ってみました。


一日中雨なのは残念でしたが、小豆島は見どころがたくさんあって楽しかった。

島なので気軽には行けませんが、また行きたいですね。

DSC_3760_convert_20160624124406.jpg
次は、内海港(草壁港)からフェリー「ブルーライン」に乗って高松港へ。

DSC_3761_convert_20160624124421.jpg
乗船時間は約1時間半。

高松市街が見えてきました。

DSC_3763_convert_20160624124437.jpg
四国上陸。

四国一周旅行⑤ 森國酒造 ギャラリー&カフェ


昼食タイムです。

DSC_3733_convert_20160624115932.jpg
やってきたのは、小豆島で唯一の酒蔵、「森圀酒造」さん。

DSC_3725_convert_20160624121004.jpg
築70年の佃煮工場を改装した、酒蔵さんが営むカフェ&バーです。

DSC_3722_convert_20160624120943.jpg
車の運転があるので、しませんでしたが、無料で試飲できるみたいです。

DSC_3719_convert_20160624120919.jpg
おしゃれすぎるカウンター。

DSC_3716_convert_20160624115822.jpg
メニューは予め決めてあったのですが、酒粕グラタンも気になりますね。

DSC_3720_convert_20160624115859.jpg
杜氏のまかない飯

酒粕、島の野菜などを使用した杜氏の朝食をアレンジ。

小豆島特産の漬物や佃煮も付きます。

暗めの場所だと、スマホの料理シーンで写真を撮っても美味しそうに見えない...

普通にオート撮影の方がいいのかな?


具だくさんの粕汁が最高に美味しかった。

粕汁の上にあるのが、酒粕ケーキ。

酒蔵ならではの一品ですね。

趣のある古民家カフェで美味しい料理を頂き大満足。


後で知ったのですが、2階はギャラリースペースになっているそうです。

天気も悪いし、雰囲気の良い店内をもっと見学すればよかった。

DSC_3728_convert_20160624121048.jpg
近くにある、森圀ベーカリーにも寄ってみました。

去年、オープンしたばかりの小さなパン屋さんです。

DSC_3730_convert_20160624121116.jpg
酒米の米粉をメインに使用したコッペパンが多く、
お酒を使ったパンもありますね。

DSC_3731_convert_20160624121135.jpg
お腹がいっぱいなので、日持ちする「コメコッペラスク」を購入。

DSC_3732_convert_20160624121153.jpg
カフェスペースもあり、こちらもオシャレな空間です。

| 47食の旅地図ホーム | 次ページ

▲TOPへ