24色のクレパス

国内旅行&食べ歩きの旅行記をメインに、泉州・和歌山グルメ    

大分熊本旅行11 岡本豆腐店 豊礼の湯

旅4日目。
長期旅行の時は最終日になると、どうしてもテンションが下がってきます。


P1040322_convert_20120715211932.jpg
黒川温泉あじさい通り

SN3O0182_convert_20120715212333.jpg
梅雨の時期は天気はイマイチでも、
綺麗な紫陽花が見られるのは良いですね。

SN3O0183_convert_20120715212401.jpg 


道の駅 小国で土産物等を買います。

P1040324_convert_20120715212012.jpg
道の駅 小国は、肥後小国駅のあった場所で、
駅名表示板が残っていました。


P1040330_convert_20120715212142.jpg
黒川温泉の宿では、朝食なしのプランにしたので
岡本豆腐店で遅い朝食です。

豆腐や土産物の販売所、喫茶なども併設されています。
HPを見ると、宿泊施設もあるみたいですね。

P1040327_convert_20120715212057.jpg
店内

P1040325_convert_20120715212035.jpg
とうふ定食1200円

P1040328_convert_20120716173311.jpg
ざる豆腐・生あげ・ごはん・みそ汁・漬物・豆乳・
小鉢三種(おから・コンニャクと椎茸の田楽・あげと大根の煮物)

P1040329_convert_20120716173335.jpg
生あげは、醤油かポン酢、柚子酢をお好みでかけて。
揚げたてなので美味しいです。

ざる豆腐と生あげのボリュームが凄すぎ。
豆腐料理で、お腹いっぱいになるとは思いませんでした。

岡本豆腐店




コバルトブルーの温泉に入りたいという理由だけで
豊礼の湯に入ってきました。

リサーチ不足で、システムがよくわからないので
店の方の説明を聞きます。

露天大浴場と家族風呂が3種類あって、
檜の家族風呂がおススメと言う事で、入ってみることに。


P1040342_convert_20120715212305.jpg 
豊礼の湯
受付で部屋の書かれた木札をもらいます。

P1040333_convert_20120715212211.jpg
檜家族露天風呂。
こちらの入口で現金を投入すると、浴槽内に温泉が勢いよく注がれます。

P1040334_convert_20120715212241.jpg
石鹸、昭和の雰囲気です。
使いませんでしたが、小学生の頃は家の風呂で使ってました。

SN3O0189_convert_20120715212447.jpg
新しいお湯なので、清潔感は抜群かと思います。
涌蓋山を正面に眺めます。

SN3O0192_convert_20120715212507.jpg
乳青色の温泉。もう少し濃いブルーを期待していたので、ちょっと残念。

こちらの施設には、蒸気を利用した蒸し器があって、
温泉利用客は無料で貸してくれます。

常連らしき方が、持ち込んだ食材を蒸し器に入れてから温泉に向かっていました。
風呂から上がる頃には、食材が蒸し上がっているのでしょう。
風呂上りに食べるのでしょうか?時間の有効活用ですね。

売店にも食材を売っているので、試しに蒸してみたかったのですが、
豆腐料理のボリュームにやられていたので、諦めました。

ポチっと応援お願いします
 ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

大分熊本旅行10 黒川温泉 旅館やまの湯

九州の豪雨が続いていますね。

楽しく旅行した地域にも大きな被害が出て、
何とも言えない気持ちになります。

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。




宿は、黒川温泉 旅館やまの湯
囲炉裏で食事をしてみたかったのと、
黒川温泉の中ではリーズナブルな料金なので選びました。

温泉街の中心にある民芸調の旅館で、散策するのに便利です。

P1040288_convert_20120713165721.jpg
雨の中、慌てて撮ったのでぶれまくり。

P1040319_convert_20120713170404.jpg

P1040281_convert_20120713165650.jpg
和の風情の部屋。

P1040291_convert_20120713165746.jpg
屋上にある露天風呂。

茶褐色の湯で、有馬温泉の金泉のような鉄?のようなにおいがしました。

前回の記事、こうの湯とは違った泉質です。

SN3O0175_convert_20120713170220.jpg
木霊の湯(展望露天風呂)

木立に囲まれていて、温泉郷が一望できます。

SN3O0179_convert_20120713170240.jpg
内湯。

その他にも、炭風呂や薬草風呂もあります。

P1040303_convert_20120713165945.jpg
夕食は館内の 焙り焼き「山久」で。

SN3O0181_convert_20120713170257.jpg
食前酒、前菜に続き、再び馬刺しをいただきます。

P1040300_convert_20120713165841.jpg
炭火焼肉。
ハラミ・カルビ・豚ロース・鶏肉、野菜にはゴーヤもありました。

P1040301_convert_20120713165913.jpg
厚揚げ・コンニャクの味噌田楽。味噌が美味しい。

とうもろこしは、バター醤油を何回も塗りながら焼きます。
このバター醤油も美味しい。

P1040306_convert_20120713170014.jpg
地ビールの「湯上り美人」

P1040299_convert_20120713165813.jpg
山女魚の塩焼き。

P1040305_convert_20120713170048.jpg
見た目は微妙ですが、やっぱり焼き立ては美味しいですね。

P1040310_convert_20120713170612.jpg
鱧の天ぷら。

P1040311_convert_20120713170122.jpg
杏仁豆腐。

囲炉裏での食事は雰囲気も味も満足でした。

P1040314_convert_20120713170149.jpg
夜食サービスのいなりずし。

ポチっと応援お願いします
 ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

大分熊本旅行9 黒川温泉

旅二日目の午後は晴れましたが、旅三日目の朝はまたしても雨です。

午前中は、水前寺成趣園に行って、昼食に熊本ラーメンを食べてから
黒川温泉に向かう予定でしたが、どしゃ降りの雨で
外を歩くのも困難なくらいです。

またしても予定変更して、とりあえず黒川温泉に向かいます。

途中、ミルクロードを通る予定でしたが、道を間違えてしまいました。

雨でなければ、ミルクロードに戻って景色を楽しみながら
ドライブしていたところですが、景色も期待できないので
そのまま阿蘇まで車を走らせます。

P1040263_convert_20120710201420.jpg
城山展望所から阿蘇方面。

P1040265_convert_20120710201454.jpg

P1040283_convert_20120710201639.jpg
黒川温泉観光旅館協同組合、風の舎に到着です。

黒川温泉街の中心部にあり、観光情報や温泉街マップなどが入手できます。

P1040320_convert_20120710205326.jpg
黒川温泉の露天風呂めぐりにかかせない
「入浴手形」も風の舎で購入できます。

入浴手形(1200円)は24軒の旅館のうち3軒の露天風呂を選んで
入浴することができます。(有効期限は6カ月)
入浴料は一軒500円なので、3軒入ればおトクです。

宿ごとに湧き出る温泉の成分や肌触りが異なるみたいなので、
愉しめそうなのですが、宿泊する旅館の風呂もあるし、
3軒を1泊で入るのは難しそうなので、入浴手形は買いませんでした。

風の舎の観光情報によると、
入りたかった黒川荘、いこい旅館など数軒が休業。

休業は、よくあることなんですかね?
それともシーズンオフの悪天候だからかな?

気を取り直して昼食を食べることにします。

P1040286_convert_20120710201739.jpg
お宿 玄河内の食事処 うふふ

SN3O0166_convert_20120710202041.jpg
だご汁膳。だご汁も熊本の郷土料理です。

小麦粉を練った団子状のものが入る味噌仕立ての汁物。

撮影下手すぎですね。団子写ってないし・・・

P1040271_convert_20120710201545.jpg
新メニューの馬丼。
前日、高級な馬肉を食べたせいか、普通に感じてしまいました。

食事・喫茶 うふふ




食事の後は、黒川温泉街を散策します。

P1040284_convert_20120710201706.jpg
いご坂。
黒川温泉街は坂道が多いです。

P1040268_convert_20120710201523.jpg
丸鈴橋。
清流沿いに木造田舎風の宿や飲食店があり、
しっとりとした温泉街情緒たっぷりです。

P1040272_convert_20120710201612.jpg
のどかな山間にたたずむ黒川温泉。

下駄の音も聞こえないくらいの大雨が降っていて、
ゆっくりと散策できませんでしたが、
都会では味わえない雰囲気を楽しむ事ができました。

SN3O0165_convert_20120710202012.jpg

P1040274_convert_20120710201805.jpg
旅館こうの湯の露天風呂「森の湯」に立ち寄り入浴。

緑が濁った翡翠色の湯です。

悪天候のため貸切できたのはラッキーです。

夏場は、雨が降っている露天風呂が逆に良いかも。


P1040276_convert_20120710201831.jpg
打たせ湯

SN3O0167_convert_20120710201909.jpg
周囲を木々に囲まれた、露天風呂です。

SN3O0168_convert_20120710201929.jpg
立ち湯

男湯は深さ1.6m、女湯は1.3mです。

立って入るのは、何故か落ち着かなかったですね。

SN3O0173_convert_20120710201951.jpg
湯上りはpatisserie 麓でプリンとコーヒーゼリー。
ポチっと応援お願いします
 ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

大分熊本旅行8 馬肉料理 菅乃屋 上通店

夕食は熊本の名物、馬肉料理を食べに菅乃屋 上通店

自営牧場の馬肉を使う専門店で人気があり、
予約しておくのがベストでしょう。

今回の旅行で、一番楽しみにしていた料理です。

P1040241_convert_20120708201333.jpg
高級な感じです。

予約していたにもかかわらず、中が見えないので、
少々ビビりながら店内へ。

P1040242_convert_20120708201400.jpg
お通しと、地ビール火の国

旅行先の飲食店で地ビールがあると、必ず頼んでしまいます。

広い熊本城を歩いた後なので、旨いですね。

コース料理も沢山ありますが、アラカルトで。

P1040246_convert_20120708201440.jpg
季節の彩り野菜サラダ。

盛り付けがとても綺麗。

P1040244_convert_20120708201236.jpg
馬刺し盛合せ(7種)

特選・霜降り・上・タン・ロース・フタエゴ・心臓・コウネの7種の馬刺し。
んっ?8種類ある?写真でも8種類あるなぁ。
どれがどの部位の馬刺しか忘れましたが・・・

どれも美味しい。普通の居酒屋で食べる馬刺しとは全然違います。


P1040243_convert_20120708201302.jpg
馬レバー刺し。ごま油と岩塩でいただきます。

牛の生レバーより少し歯ごたえがあり、激うまです。
さすが菅乃屋一番の、おすすめの一品です。

7月から牛生レバーが提供禁止になったので、
熊本以外の焼肉店でも、馬の生レバーを提供してほしいなぁ。

SN3O0162_convert_20120708201042.jpg
これも熊本の郷土料理 辛子レンコン

辛子が苦手なので、これは無理かもと思いましたが、
普通に食べれました。

SN3O0163_convert_20120708201101.jpg
馬肉石焼き盛合せ(3種)

馬肉は堅いイメージがあったのですが、良質の肉はやわらかい。

P1040249_convert_20120708201512.jpg
桜カルビ丼 柚子風味


他にも馬の寿司や、馬ヒレのステーキなども食べてみたかったのですが
満腹で無理でした。

馬肉はクセも臭みもなく、期待通りの旨さでした。
どの料理も美味しかったのですが、
馬のレバー刺しなどの馬刺しが一番かも。

馬肉は生で食べるのが最高ですね。

私にとっては高級で値段も高く感じますが、
それでも、また食べに行きたいと思える店でした。

菅乃屋 上通店




この日の宿は KKRホテル熊本
キャッスルビューの部屋から熊本城を眺めます。

P1040240_convert_20120708201153.jpg

SN3O0164_convert_20120708201019.jpg
部屋からの景色。ライトアップされた熊本城。

ポチっと応援お願いします
 ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

大分熊本旅行7 熊本城

阿蘇の中岳火口は寒かったのですが、熊本市内は暑いくらいで
同じ熊本県とは思えません。

加藤清正が築城した、日本三名城の熊本城へ。

数寄屋丸・宇土櫓・天守閣・本丸御殿の建物内の見学を中心に
散策してきましたが、城内はとにかく広いです。


P1040201_convert_20120707180246.jpg
須戸口門から入城です。

SN3O0135_convert_20120707175853.jpg

P1040212_convert_20120707180332.jpg
宇土櫓
築城のころから現存する多層櫓。

築城時から残っているだけあって、城内は歩くとかなり軋みます。

隠し部屋もありました。


SN3O0136_convert_20120707180012.jpg
天守閣。

SN3O0140_convert_20120707175917.jpg
地上6階の大天守と地上4階の小天守の二つがあります。

威風堂々って感じですね。

SN3O0141_convert_20120707175947.jpg

SN3O0157_convert_20120707175727.jpg

SN3O0156_convert_20120707175809.jpg
城内を歩いていると、加藤清正公の恰好をした武将を発見。

清正公の物まねで話してくれたり、記念撮影にも応じてくれます。


SN3O0153_convert_20120707175831.jpg
天守閣へ。

SN3O0155_convert_20120707180219.jpg

P1040231_convert_20120707180527.jpg
天守閣から熊本市街を一望。


2008年に復元された本丸御殿へ。

藩主が日常生活を送った、城内で最も豪華絢爛な建物です。

SN3O0152_convert_20120707180037.jpg
大広間

SN3O0150_convert_20120707180154.jpg

SN3O0146_convert_20120707180108.jpg
昭君之間

藩主の居間で、客を招くのに使われた部屋。

壁、襖、天井まで豪華で格式高い書院造りです。

SN3O0148_convert_20120707180130.jpg
天井まできらびやかです。


熊本城は城郭が広く、天守閣だけでなく、本丸御殿、宇土櫓、石垣など
見どころが沢山あり、入城料500円は格安だと思いました。

平日にもかかわらず、たくさんの観光客で賑わっていていました。

次は姫路城に行ってみたいですね。


P1040239_convert_20120707180426.jpg
熊本城に隣接する、桜の小路でみやげを購入。

P1040237_convert_20120707180502.jpg 
くまモングッズも多数あり。

熊本城
ポチっと応援お願いします
 ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

 | HOME |  »

カウンター

プロフィール

stay

Author:stay
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
目標は47都道府県全て旅すること。

このブログはリンクフリーです。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

泉州グルメ (38)
大阪お出かけ (17)
神奈川旅行 (2)
山梨旅行 (2)
長野旅行 (25)
静岡旅行 (26)
岐阜旅行 (22)
富山旅行 (13)
石川旅行 (2)
福井旅行 (4)
愛知旅行 (6)
三重旅行 (27)
滋賀旅行 (21)
京都旅行 (18)
奈良旅行 (7)
兵庫旅行 (31)
和歌山旅行 (65)
岡山旅行 (15)
鳥取旅行 (5)
島根旅行 (1)
広島旅行 (2)
山口旅行 (1)
香川旅行 (12)
徳島旅行 (2)
愛媛旅行 (13)
高知旅行 (3)
福岡旅行 (5)
大分旅行 (7)
熊本旅行 (9)
宮崎旅行 (9)
沖縄旅行 (6)
物産展・お取り寄せ・テイクアウト (9)
ランニング (10)
映画 (3)
カラオケ (5)
未分類 (15)

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア