24色のクレパス

国内旅行&食べ歩きの旅行記をメインに、泉州・和歌山グルメ    

清乃 近鉄百貨店和歌山店 こってり和歌山らーめん

有田市にある「和dining清乃」の2号店に行ってきました。

1号店の記事は
  ↓ ↓ ↓
「和dining清乃」

DSC_0144_convert_20170319164542.jpg
2号店は、近鉄百貨店和歌山店の地下1階にあります。

DSC_0138_convert_20170319164558.jpg
イートインの簡素な造りで、カウンターが8席くらいの小さなお店です。

DSC_0137_convert_20170319164526.jpg
こちらの店のラーメンのメニューは、基本「こってり和歌山らーめん」と「煮干しブラック」の二つ。

2016-09-13-20-09-21_convert_20170319164028.jpg
サイドメニューは「しらすごはん」や「チャーシュー丼」などがあります。

2016-09-13-20-10-03_convert_20170319164040.jpg
こってり和歌山らーめん(750円)

見るからに、こってり濃厚そうなスープ。

2016-09-13-20-10-31_convert_20170319164053.jpg
「天下一品」と同じくらいドロッとしたスープは、
一般的な和歌山ラーメンとは別の食べ物のような気がする。

濃厚な和歌山ラーメンもアリですな。

(゚д゚)ウマー

岩出市にある「がんたれ」と味が似ているかも?

「Mr.こってり麺 清乃」と言う3号店が実家の近くに出来たし、
店名から想像すると、この店も、こってりが売りなんかな?

実家に帰る時にでも寄ってみよう。

梨花(りふぁ) 海南市

お肉が美味しいと噂の、海南市にある梨花(りふぁ)に行って来ました。

DSC_2682_convert_20160415025123.jpg
韓国風居酒屋らしいですが、ランチもやっています。

DSC_2692_convert_20160415025213.jpg
湯気まで美味しいラーメンも気になりますね。

DSC02602_convert_20160415025430.jpg

DSC_2685_convert_20160415025156.jpg

DSC_2683_convert_20160415025141.jpg
ランチメニューですが、夜も同じ値段で注文できるのでコスパは高いです。

DSC_2684_convert_20160415025351.jpg
昭和を感じるテーブル席。

DSC_2690_convert_20160415025305.jpg
カルビ丼定食(900円)

DSC_2691_convert_20160415025321.jpg
焼肉屋さんで食べる肉の味に近くて、ボリュームもあります。

DSC_2687_convert_20160415025234.jpg
ハラミ丼定食(1000円)

DSC_2688_convert_20160415025249.jpg
やわらかいハラミ、一番おススメかも。

DSC_2960_convert_20160415025451.jpg
ホルモン丼定食(900円)

DSC_2961_convert_20160415030225.jpg
プリプリのホルモンがたっぷり入っています。

二人で切り盛りされているみたいで、混雑している時は待ちますが、
味の方はどれも美味しかったです。

ただ、二回しか行っていないので、たまたまなのかも知れませんが、
ご飯が柔らかすぎたのが少し残念。

ホルモン丼はタレも多く、ご飯が柔らかいのもあって、
ベチャっとした食感になってしまいました。

ホルモンやハラミは噂通り、美味しいお肉でした。

梨花(りふぁ)

トルコ記念館と映画「海難1890」

前回の記事、パンとカフェnagiでのティータイムの後、
トルコ記念館に行って来ました。

和歌山県串本町などを舞台に日本とトルコの友情を描いた映画
海難1890」の舞台になった場所です。

DSC02545_convert_20160212222639.jpg
無料の駐車場に着くと、車がいっぱい停まっています。

ここには数回来たことがありますが、閑散としたイメージしかなかったので
観光客の多さにびっくりしました。

映画を観て、ロケ地を訪れる人が多いのでしょうか?

遊歩道も整備されて、以前より綺麗になっていますね。

DSC02546_convert_20160212223027.jpg
1890年に和歌山県串本町樫野崎沖で遭難した、トルコ軍艦エルトゥールル号の
史実などを題材にした、日ト合作映画「海難1890」。

樫野のトルコ記念館横の広場で、
串本での映画撮影に使用されたセットの展示を始めたそうです。

DSC_2922_convert_20160212222709.jpg
さっそく、無料で観られる、映画のオープンセット展示コーナーへ。

DSC02548_convert_20160212223117.jpg
映画のセットとか初めて見たのですが、巧妙に造られていますね。

DSC_2946_convert_20160212222918.jpg
当然、写真は撮りますが、顔出しの写真はアップしません、笑。

DSC02549_convert_20160212223053.jpg

DSC02554_convert_20160212223210.jpg
トルコ軍艦遭難慰霊碑

1890年9月16日、大島樫野崎の沖合でトルコ軍艦エルトゥールル号が嵐の中遭難し、
乗組員656名のうち587名が還らぬ人となりました。

異国の海に散った将士たちの霊を慰めるために建設されたこの慰霊碑では、
今も5年ごとに追悼式典が行われているそうです。

また串本の姉妹都市である、トルコのメルシン市にも同じ碑が建てられています。

DSC02550_convert_20160212223146.jpg
日本赤十字社「平時国際活動発祥の地」記念碑

DSC02571_convert_20160212223443.jpg
トルコ国との友好の証として、建設されたトルコ記念館

去年の6月にリニューアルオープンして綺麗になりました。

その分、入館料も上がりましたが・・・。

DSC02572_convert_20160212223503.jpg
館内には遭難したエルトゥールル号の模型や遺品、写真などが展示されていて、
遭難事故当時の様子を知ることができます。

館内は広くありませんが、トルコとの友好の歴史を詳しく学べて良かったです。

これは、映画も観るしかないでしょ。

DSC02573_convert_20160212223524.jpg

DSC_2942_convert_20160212222830.jpg
二階の展望台からも、エルトゥールル号座礁場所を見る事ができます。

DSC_2940_convert_20160212222756.jpg


トルコ記念館を出て、樫野埼灯台方面へ歩きます。

DSC02558_convert_20160212223233.jpg
ムスタファ・ケマル・アタティック騎馬像。

トルコの初代大統領で英雄だそうです。

DSC02560_convert_20160212223254.jpg
樫野埼灯台は大島の東端、樫野の断崖に建つ日本最古の石造り灯台です。

DSC02562_convert_20160212223316.jpg
展望台が完成し、素晴らしい眺望を楽しむことができるようになりました(無料)

そんなに高くないので、高所恐怖症の私でも登ることが出来ます。

DSC_2929_convert_20160212222731.jpg
展望台からの眺望。

DSC02569_convert_20160212223421.jpg
トルコの民芸品や陶器を売っている店もあります。

DSC02567_convert_20160212223400.jpg
トルコと言えば、のび~るトルコアイス?

話のネタ的には買いたいところですが・・・

屋台とかでもたまに見かける、トルコアイスを買う時の、店員さんがアイスをすぐに
渡さないパフォーマンスは、全国共通のお約束なんですかね?

観光と思って楽しんだらいいのですが、
何回も見て知っているので、ちょっとめんどくさい(大人げない)

結局、買わなかったのですが、他のお客さんがトルコアイスを買っているのを見てみると、
日本人のおばちゃんが店の奥から普通に持ってきていました、笑。

あの、お決まりのパフォーマンス無くなったのか?
それとも、この日はトルコ人の店員さんがお休みだっただけなのか?

DSC02566_convert_20160214172202.jpg

DSC02563_convert_20160212223339.jpg
通りには、紀伊大島の特産品である、金柑(キンカン)の無人販売もあります。


その後、車でちょいと移動。

DSC_2947_convert_20160212223001.jpg
海金剛にやってきました。

荒波によってけずられたピラミッド型の尖った岩は迫力があります。

晴天の日に見たかったなぁ。

入館していませんが、近くには「日米修好記念館」があります。

DSC_2966_convert_20160212222556.jpg
観光した二日後に、ガーデンパーク和歌山にあるジストシネマ和歌山で、
映画「海難1890」を観てきました。

映画は、1890年に串本町樫野沖でエルトゥールル号が遭難し、
村人らの救助で乗組員69人の命が救われたことと、
1985年のイラン・イラク戦争時、現地に取り残された日本人215人を、
トルコ政府が航空機で救出したことを軸に描かれています。

ネタバレになるので、詳しい感想は書きませんが、観て良かったです。

DSC_2964_convert_20160212222500.jpg
映画館入り口付近に、エルトゥールル号の模型が展示されていました。

模型は長さ約5メートル、高さ約3メートル、幅約0.6メートルで実物の約17分の1の大きさです。

東映がトルコ海軍から図面を取り寄せ、1年ほどかけて完成させたそうで、
樫野沖でエルトゥールル号が座礁、沈没するシーンなどで実際使用されました。

遭難当時の風速35メートルの揺れを再現するため、
帆は何十種類もの布で試し、粗い綿を採用したそうです。

この模型、現在はJR串本駅に展示されていて、展示期間は4月頃までです。

映画の上映は終わりに近いですが、地元和歌山では、まだ上映しています。

海難1890

紀州なれずし 八ッ房

まぐろ祭りを楽しんだ後は、新宮まで車を走らせます。

DSC02543_convert_20160212172514.jpg
目的は、香梅堂の鈴焼

DSC02539_convert_20160212172535.jpg
この鈴焼、ネットかここでしか買えないんですよね。

前回の香梅堂の記事

お土産を購入した後は、串本方面へ向かいます。

那智勝浦新宮道路が市屋まで延伸したので、走ってみました。

市屋ってどこやねん?って感じですが、JRの駅で言うと、太地と下里の間くらいですね。

DSC_2915_convert_20160212173338.jpg
このブログでは、何回も紹介している、橋杭岩

DSC_2951_convert_20160212173457.jpg
くしもと大橋を渡り、紀伊大島へ。

DSC02594_convert_20160212172608.jpg
パンとカフェ nagi

DSC02592_convert_20160212172647.jpg
相変わらず流行っているみたいですね。

パンは全て売り切れていたので、カフェを利用します。

DSC02586_convert_20160212172708.jpg
ピザやクロックムッシュ、ツナとチーズの黒ゴマサンドなど、美味しそうなメニューも
ありましたが、注文したのは、またしてもケーキセット、笑。

ここの、クリームブリュレが美味しいんですよ。

DSC02590_convert_20160212172631.jpg

DSC_2950_convert_20160212172745.jpg
本日のケーキはガトーショコラでした。

前回のパンとカフェ nagiの記事

この後、「トルコ記念館」に行ったのですが、その記事は次回で紹介します。

その後、本州最南端の地へ。

DSC_2954_convert_20160212173357.jpg
潮岬観光タワー

DSC_2955_convert_20160212173416.jpg

DSC_2956_convert_20160212173437.jpg
ここで、「本州最南端の火祭り」が開催されることになっていましたが、
悪天候の為、翌週に延期です。

毎年、勝浦まぐろ祭りと同じ日に開催されているみたいで、
まぐろ祭りと火祭りをセットで観光する人が多いみたいです。

前回の本州最南端の火祭り記事

トルコ記念館でトルコアイスも考えたのですが、
やっぱり、いつもの牛乳屋さんのソフトクリームにします。

DSC02597_convert_20160212172843.jpg
尾鷲牛乳

国道沿いにありますが、本当に目立たない外観なので、
注意していないと余裕で通り過ぎてしまいます、笑。

DSC02596_convert_20160212172827.jpg
いつもはチャイムを鳴らしても、なかなか出てきてくれませんが、
この日は20秒くらいで出てきてくれました、笑。

DSC_2959_convert_20160212172806.jpg
これで並盛200円。

めっちゃ安くて美味しくて、しかもワッフルコーン。

ちなみにトルコアイスは400円だったので、その半額とは、かなり良心的な値段です。

尾鷲牧場


ここまでは、以前に何回も紹介している場所ばかりなので、最後に新ネタを。

帰りの途中、御坊市に寄り道して「早なれずし」を購入。

DSC_2503_convert_20160212172315.jpg
紀州なれずし 八ッ房

DSC_2504_convert_20160212172338.jpg
創業40年、なれずしの有名店です。

珍しい食べ物があると、何でも食べてみたくなるのですが、
発酵されたなれずしは、かなりのクセがあると聞き食べたことがありません。

発酵と言えば「鮒ずし」を一度食べてみましたが、
食べられるけど、進んで食べたいとは思いませんでした。

一切れのお試しサイズがあれば買ってみようと思いましたが、残念ながらありません。

鯖片身でも1000円以上するしなぁ・・・どうしよう・・・。

話のネタに買えよっ!って思われそうですが、
食べられないと、もったいないので購入を断念しました。

ちなみに、塩飯の鯖寿司を日にちをかけてじっくり発酵させたのが「本なれずし
酢飯を用いた鯖寿司を木桶に詰め、一晩重石かけて、
なじんだらすぐに食べるのが「早なれずし」だそうです。

DSC02507_convert_20160212172413.jpg
弱気になって、クセの少ない「早なれずし」を購入しました。

DSC02508_convert_20160212174352.jpg
天然の暖竹(アセ)に包まれています。

DSC02511_convert_20160212172429.jpg
アセの葉の匂いと、鯖のどっしり濃厚な味わい。

和歌山ラーメン店でよく見かける、早なれずしとは全く別物の味でした。

紀州なれずし 八ッ房

第22回 南紀勝浦まぐろ祭り

先月の1月30日に、南紀勝浦漁港で開催された、「第22回まぐろ祭り」に行って来ました。

今回の記事は珍しく長いです、笑。

イベントが始まるのは9時からなのですが、
他の方のブログ情報によると、朝8時頃に駐車場が満車になった年もあるとのこと。

しかし、この日の天気は雨なので来場者は少ないと思い、
8時30分頃に勝浦漁港に着く予定で、朝5時30分に出発しました。

去年開通した紀勢道の延伸効果で、泉佐野から南紀勝浦まで、3時間かかりませんでした。

駐車場も余裕で止められましたが、誘導のおっちゃん、
やる気なさすぎで一度通り過ぎてしまったわ、笑。

DSC02519_convert_20160207230140.jpg
マグロの町、那智勝浦町。

生鮮マグロの水揚げ日本一を誇る勝浦漁港が、今回のイベント会場です。

DSC_2880_convert_20160207233306.jpg
まずは、8:30~9:30まで受け付けをしている「まぐろ重量当てクイズ」に参加します。

投票用紙1枚100円と有料ですが、マグロブロックや、地元の特産品が当たるかも?

重量当てクイズも毎年開催されていて、他の方のブログ情報によると、
だいたい50kg前後の事が多いらしい。

と言う事で、今年のマグロは上の写真です。

ふむふむ、今年はマグロ2本か・・・1本50kgだから100kg前後として、
96kgと記載して投票しますが、とんでもない結果になってしまいました。

結果は後ほどにして、

DSC02538_convert_20160207230606.jpg
会場内には、マグロの無料配布コーナーに列が出来ていたので、

DSC02517_convert_20160207230533.jpg
とりあえず、「まぐろの中落ち」の列に並びます。

DSC02526_convert_20160207230509.jpg
9時になり、オープニングのダンスが始まりました。

DSC02525_convert_20160207230314.jpg
ゆるきゃらも登場しましたが、何のゆるキャラ?

後でネットで調べてみると、洞窟風呂で有名なホテル浦島の
カメのマスコット、「浦島タッキーとウララ」だそうです。

しかも名前は前日の1月29日に決まったみたい。

DSC_2882_convert_20160207233047.jpg
行列に並んでいると、「マグロパイ」の無料配布サービスがありました。

併設されている販売店で売っているので、お土産に買う事も出来ます。

DSC_2890_convert_20160208001820.jpg
マグロの中落ち

DSC02528_convert_20160207230422.jpg
生まぐろは、もっちりした食感で美味しいですね。

DSC_2894_convert_20160207233141.jpg
続いて、「まぐろ汁」の列に。

DSC_2897_convert_20160207233110.jpg
写真では見えませんが、中にマグロのつみれが入っています。

冬の野外で食べる汁物は、身体が温まって、いっそう美味しく感じます。

DSC_2907_convert_20160207233401.jpg
まぐろ汁の列に並んでいたので見えませんでしたが、
まぐろ一頭造り」と言う豪快にマグロをさばくイベントがあり、
さばいたマグロの無料配布もありました。

たくさん用意してくれているので、ゲットできました。

無料配布は「まぐろ中落ち」「まぐろ汁」「まぐろ刺身」の3種類。

「まぐろ汁」に並んでいる途中で「まぐろ中落ち」は終了していたので、
全部ゲットしたい人は最初は「まぐろ中落ち」の列に並ぶ方が良いと思います。

DSC02515_convert_20160207230208.jpg
無料配布の他にも、生マグロの直売や、海産物加工品、
地元の特産品の販売もあります。

DSC_2898_convert_20160207233203.jpg
鮪そぼろめし

DSC_2899_convert_20160207233218.jpg
マグロ丼やマグロの握り。

う~ん、どれも美味しそうですね。

この日は出発も早く、マグロ目当てで、わざと朝食を食べてこなかったので
無料サービスのマグロだけではお腹が満たされていません。

DSC_2901_convert_20160207233248.jpg
販売コーナーを眺めていると、・・・

んっ?

本鮪丼2000円

リーズナブルな500円のマグロ丼もありましたが、限定50食の誘惑に負けて
買ってしまいました。

ちなみに11時頃には完売していました。

旅行気分なので、調子に乗って買っちゃいましたが、近所の泉佐野漁港や田尻漁港だったら
こんな高いの、絶対に買わないだろうな・・・

DSC_2905_convert_20160207233320.jpg
本鮪丼(2000円)

軽く炙っているマグロの切り身も二枚入っていて、
とろける感がハンパないっすね。

DSC_2908_convert_20160207233337.jpg
マグロ漬け丼(500円)

リーズナブルで美味しい。

お得感で言えば、断然こちらがおススメです。

DSC_2902_convert_20160207233126.jpg
最後にマグロフライをサクッと頂いて、お腹も満たされました。

DSC_2900_convert_20160207233233.jpg
その後は、マグロ重量当てクイズの結果発表の時間まで漁港内をブラブラします。

DSC02522_convert_20160207230445.jpg

DSC02533_convert_20160207230338.jpg
さばきたてのマグロブロックでも買って帰ろうかと思い気合を入れて、
ハイパー氷点下クーラーを持参しましたが
ちょっと食べ過ぎて、しばらくマグロの刺身はいらないかなと思い、結局買いませんでした。

DSC02604_convert_20160207230042.jpg
で、マグロ刺身の代わりに買ったのが、「まぐろの内臓煮

DSC02607_convert_20160207230059.jpg
見た目は美味しそうに見えませんが、普通に美味しい。

南紀勝浦のマグロ料理店では、マグロの内臓を使った料理もたくさんあります。





ところで、まぐろ重量当てクイズの結果はどうなったって???

クイズの結果発表は、11時20分から行われました。

司会者 「今年のまぐろの重量は・・・49kgでした!」

私 「・・・2本なのに49kg???」


何てことはありません、私がアホなだけでした。

毎年、2本展示して重量を当てているクイズだそうです。

よく見ると、パンフレットにも2本と書いてあります。

普通に見たら1本50kgもないのは一目瞭然です。

なんてこった。

自分の目でマグロを見て考えずに、他人のブログだけを参考にする、
せこい考えをしたので、バチが当たったのでしょう。

クイズに外れても、前後賞や、抽選で宿泊券が当たるチャンスがありますが、
今日現在、宿泊券等は送られてきていません・・・。

 | HOME |  »

カウンター

プロフィール

stay

Author:stay
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村
目標は47都道府県全て旅すること。

このブログはリンクフリーです。

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

カテゴリ

泉州グルメ (38)
大阪お出かけ (16)
神奈川旅行 (2)
山梨旅行 (2)
長野旅行 (25)
静岡旅行 (26)
岐阜旅行 (22)
富山旅行 (13)
石川旅行 (2)
福井旅行 (4)
愛知旅行 (6)
三重旅行 (27)
滋賀旅行 (21)
京都旅行 (18)
奈良旅行 (7)
兵庫旅行 (31)
和歌山旅行 (65)
紀北 (0)
岡山旅行 (15)
鳥取旅行 (5)
島根旅行 (1)
広島旅行 (2)
山口旅行 (1)
香川旅行 (12)
徳島旅行 (2)
愛媛旅行 (13)
高知旅行 (3)
福岡旅行 (5)
大分旅行 (6)
熊本旅行 (9)
沖縄旅行 (6)
物産展・お取り寄せ・テイクアウト (9)
ランニング (10)
映画 (3)
カラオケ (5)
未分類 (13)

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア